Kodak BlackがRolling Loud会場入りの際に逮捕される|Lil Wayneも警察の取り調べの影響でライブをドタキャン

世界最大のヒップホップフェスであるRolling Loudが先週末より開催された。ライブだけでなくイベントに伴う様々なトラブルでも毎回話題を呼ぶこのフェスだが、今回はKodak BlackとLil Wayneの2人がまさかの理由で出演をキャンセルしてしまったようだ。

先月にはアメリカとカナダの国境にて逮捕され、その後のライブをドタキャンしたことで批判されてしまったKodak Black。彼は今回のRolling Loudでも、会場入りの際に銃を所持していたことで警察に逮捕されてしまったそう。Rolling Loudの代表は「彼は会場に向かう際に逮捕されたのであってRolling Loud内で逮捕されたため、我々は彼の逮捕に一切責任を持たない」との声明を発表しているようだが、いずれにせよ同じ過ちを何ども繰り返すKodakには呆れる他ない。

さらに、同じくRolling Loud出演をドタキャンしたLil Wayneも警察沙汰によって会場に向かうことが出来なくなってしまったという。XXLによると、Lil Wayneは先週土曜日にTwitterにて「Rolling Loudで俺を観に来てくれるファンのみんな、申し訳ないけど俺は出演することが出来ない。Rolling Loudじゃないフェスの警察が俺に強制的に取り調べをしたんだ。二度と警察に俺の仕事を邪魔させない」とツイート。彼も警察に取り調べを受けた影響でライブを予定通り行うことが出来なくなってしまったという。

このような不測の事態や簡単にライブがキャンセルされてしまうファジーさはヒップホップ特有のものでありある意味醍醐味とも言えるが、実際にライブを楽しみにしてRolling Loudを訪れた観客にとっては腹立たしいことだろう。Lil Wayneはともかくとして、今後Kodak Blackがこれ以上の事件を起こさないかどうかが心配なところである。

related

Lil Yachtyがトランプ大統領にKodak Blackを釈放するよう要求

2019年に銃器所持の罪によって3年10ヶ月の服役を課されたKodak Black。以来今年に至るまで収監され続けている彼のために、Lil Yachtyが立ち上がったようだ。

Lil Wayneがトランプ大統領と面会|選挙公約「プラチナプラン」への支持を表明

アメリカ大統領選が目前に迫る現在、ヒップホップアーティストとトランプ現大統領との接近が次々と報じられ衝撃を与えている。先日はIce Cubeがトランプ陣営と面会していたほか、50 CentやLil Pumpといったラッパーがトランプ支持を表明していることも話題を呼んだ。そんな中、Lil Wayneがトランプ大統領と面会を行ったことが報じられている。

Lil WayneがWheezyのプロデューサータグ「Wheezy Outta Here」を「Futureが俺をシャウトアウトしてくれてる」と勘違いしていたと明かす

Lil BabyやMeek Millなどの楽曲を手掛けていることで知られるアトランタのプロデューサーWheezy。そんな彼のプロデューサータグ「Wheezy Outta Here」について、Lil Wayneがとある勘違いをしていたことが話題を呼んでいる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。