GEZAN初のドキュメンタリー映画『Tribe Called Discord:Documentary of GEZAN』の予告編が公開

2009年の結成以来精力的な活動を続け、野外フェス『全感覚祭』やレーベル『十三月』を主催し、現在の日本のアンダーグラウンドシーンを牽引するロックバンドGEZAN。そんな彼らのアメリカツアー、アルバムのレコーディングを追ったドキュメンタリー『Tribe Called Discord:Documentary of GEZAN』の予告編が公開となった。

予告編は監督を務めた神谷亮佑自らが手がけたもの。映画『Tribe Called Discord:Documentary of GEZAN』は、6/21(金)よりシネマート新宿にて上映開始となる。

人はどうして旅にでるのか? 出会いは時に、心地よかった生活を揺さぶる。輪郭を手にした悲しみや怒りはイデオロギーという枠組みを超えて直接、肉体を打つ。 それでも今日も扉を開け、裸足で飛び出していく。さよならの数に追いつかれないように、今日もはじめましてとまた会えたねを積み上げる。 一つ一つ丁寧に生きることしかできないんだ。そうやって旅を続けていく。 問いかけと答えでカバンにいっぱいにしながら。 ―マヒトゥ・ザ・ピーポー

GEZANと出会って8年。一筋縄でいかない彼らの色んな挑戦を見てきた。2018年春。彼らは300万円自力で集めアメリカに行くという、そんな無謀な挑戦に巻き込まれた。 英語のスキルは小学生レベル。そんな僕らがボディランゲージで異文化とぶつかり、音 楽を通じてコミュニケーションしていく中で様々な種類の優しさや葛藤、たくさんの喜怒哀楽の表情に出逢っていった。
僕は、あの、かけがえのない時間の中でただRECボタンを押し続けた。 すべてが必然だったのかも知れない。このロードムービーが新しい世界を生きようとするあなたにとって、そうであることを 願います。
―神谷亮佑

INFO

『Tribe Called Discord:Documentary of GEZAN』

製作:十三月

プロデューサー:カンパニー松尾

監督・撮影・主演:神谷亮佑

音楽:マヒトゥ・ザ・ピーポー

主演:GEZAN<マヒトゥ・ザ・ピーポー、イーグル・タカ、カルロス尾崎、石原ロスカル>、神谷亮佑

出演:青葉市子、テニスコーツ、原田郁子、THE NOVEMBERS 、行松陽介、UC EAST、imai、踊ってばかりの国、HIMO、呂布カルマ、やっほー 他

デザイン:マヒトゥ・ザ・ピーポー

cover photo:池野詩織

題字:STANG

2019 年|日本|カラー|ビスタ|88 分|DCP|映倫審査前

配給・宣伝:SPACE SHOWER FILMS©2019 十三月 / SPACE SHOWER FILMS

公式 HP:gezan-film.com

公式 twitter:@gezan-film

公式 facebook:gezan.film

6/21(金)よりシネマート新宿にて上映決定!

related

木村太一の初長編映画『Afterglows』の公開に合わせたプレミアムイベントがWWW Xで開催

映画監督/映像作家の木村太一の初長編映画『Afterglows』の公開に合わせたプレミアムイベント『4D by Taichi Kimura “Afterglows”』が、12/9(金)に渋谷 WWW Xで開催される。

Supreme前夜、NYストリートで何が起こっていたのか | 映画『All the Streets Are Silent:ニューヨーク(1987-1997)ヒップホップとスケートボードの融合』監督インタビュー 

2022年10月21日よりドキュメンタリー映画『All the Streets Are Silent:ニューヨーク(1987-1997)ヒップホップとスケートボードの融合』が公開される。

M.I.A.を追ったドキュメンタリー映画『マタンギ / マヤ / M.I.A.』が1日限定上映

ミュージシャンのM.I.A.を追ったドキュメンタリー映画『マタンギ / マヤ / M.I.A.』が、10/14(金)に1日限定で上映される。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。