CALVIN KLEINがA$AP Rocky、Billie EilishやKevin Abstractなどが出演する新キャンペーンを始動

CALVIN KLEINが最新キャンペーン『I SPEAK MY TRUTH IN #MYCALVINS』を始動した。このキャンペーンでCALVIN KLEINはA$AP Rocky、Billie Eilish、Kevin Abstract、Kendall Jenner、Bella Hadidなどが自分だけの言葉で自らのストーリーを語る。

映像ディレクターJonas Lindstroemが撮影を担当。一瞬ごとの場面を捉えるのは、フォトグラファーMario Sorrentiだ。

それぞれが自然に語る姿は、CALVIN KLEINのアイコンであるCKモノグラム(アイコニックなロゴのシリーズ)の存在感をしのいでいる。

キャンペーンの初回は59日に世界規模でスタートし、ビデオを中心に様々なキャンペーンが同時進行で進んでいく。

#MYCALVINSでわたしは真実を語る

わたしたち一人ひとりが、今日という日を精いっぱい生きたなら?

ありのままの自分をさらけ出すこと。思い切り自由に自分を表現すること。

何ものをも恐れず、何ものをも排除しないわたしたちを、世界中の人々に見てもらうこと。

誰もが心の奥に同じような不安を抱えています。

自分に足りないものはないだろうか?やり過ぎだろうか?

おとなし過ぎるかしら?あけっぴろげ過ぎるかしら?

いま、わたしたちは讃えます。並はずれた傷つきやすさも、大胆な自己表現も。

大きい声も小さい声も、偽りのないすべての声が、古いしきたりから解き放たれてひとつになる。

いま、わたしたちは真実を語ります。

ご参加ください。

#MYTRUTH #MYCALVINS

RELATED

Billie EIlishの“bad guy”が全米チャート1位となりLil Nas X“Old Town Road”の連続1位が終わる

先月末に17週連続1位という全米チャート始まって以来の記録を樹立し、歴史に名を刻んだLil Nas Xの“Old Town Road”。その後2週間に渡って1位に残り続けた同曲が、今週のチャートでついに3位にまで落ちたことが明らかになった。

Billie Eilishが好きなラッパーについて語る

今年3月にデビューアルバム『When We Fall Asleep, When Do We Go?』をリリースしてからというもの、一気にスターダムを駆け上がり、一躍人気アーティストの仲間入りを果たしたBillie Eilish。そんな彼女が今回XXLのインタビュー企画『Hip-Hop Junkie』に登場。自身の好きなラッパーについて語っている。

A$AP Rockyに有罪判決と2年間の保護観察処分が下される

先月初めにスウェーデンで一般人と乱闘騒ぎを起こしたことにより、1ヶ月にわたり拘留された後、現在はアメリカに戻ってきているA$AP Rocky。トランプ大統領が動くなど国家間をも巻き込む大騒動となったこの事件だが、ついに彼に判決が下された。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。