Manhattan RecordsとChilly Sourceによるコラボイベント渋谷WWWで開催|DJ HASEBE、illmore、AKLO、FNCYらが出演

渋谷宇田川町のレコードショップ/レーベルのManhattan Recordsとビートメイカーillmore等が所属しているライフスタイルレーベルChilly Sourceが共同で主催するイベント”Vibin'Out”が6/21(金)渋谷WWWにて開催される。

当日はDJ HASEBE、AKLO、illmore、pinoko、ケンチンミン、15MUS、DJ KROなどManhattan Records、Chilly Sourceがこれまで作品に携わってきたアーティストや、1st ALBUMリリース予定のFNCY、そして、illmoreの客演としてKOJOE、CHICO CARLITO、SHOHEY from THREE1989等が出演する。

当日は毎週、生配信しているDJ MIXが人気のChilly SourceリーダーDJ KROによる会場限定MIX CDが発売される予定。マンハッタンレコードでは「会場限定MIX CD」セットになったお得な前売りチケットを販売される。

INFO

Manhattan Records × Chilly Source Presents 『Vibin'Out』

日程:2019年6月21日(金) OPEN/START:18:00 / 18:00
会場:渋谷WWW (https://www-shibuya.jp/schedule/011115.php)
出演者:DJ HASEBE / AKLO / FNCY / illmore / KOJOE / CHICO CARLITO / SHOHEY from THREE1989 / pinoko / ケンチンミン / 15MUS / DJ KRO & Chilly Source ...and more
主催:Manhattan Records / Chilly Source
お問い合わせ:WWW TEL 03-5458-7685 / マンハッタンレコード TEL 03-3477-7166

チケット購入

マンハッタンレコード限定チケット(チケット+DJ KRO MIX CD)
http://manhattanrecords.jp/VIBIN’OUT+(TICKET+CD)/product/0/2000001146965/

チケットぴあ 【Pコード:152-194】
http://t.pia.jp/
電話予約あり:0570-02-9999

ローソンチケット 【Lコード:71358】
http://l-tike.com/
※電話予約なし

e+
https://eplus.jp/sf/detail/2954350001-P0030001

related

MONJUとKOJOEによるコラボ曲"WARnin' Pt.2"がリリース

KOJOEが東京、大阪で構え、近々沖縄でも設立を予定しているJ.Studio。昨年秋に東京のスタジオをMONJUの3人が任された。

KOJOEが未発表曲やCD限定で発表した楽曲を収録した『iLL Scott』をリリース

昨年はRed Bull がキュレートする人気企画『RASEN」への参加や、Olive Oil、Rudebwoy Faceとの再タッグに加え、大阪に新たに開設されたJ.Studio Osakaでの若手アーティストのサポートやBUPPON、MuKuRo、ZIN等のプロデュースワークスを手掛けるなど精力的に活動を広げているKOJOE。そんな彼がこれまでに残してきた未発表曲やリミックスなどをコンパイルしたアンリリースド・トラック集『iLL Scott』をリリースした。

Manhattan Recordsの創業40周年を記念したGang StarrとBlack Sheepの7インチが登場

渋谷・宇田川町のManhattan Recordsの創業40周年を記念し、90年代後半から00年代初頭にかけ、LEXINGTON/Manhattan Recordsが再発した90年代のヒップホップの名作が7インチでリリースされることになった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。