ジャズ・レーベルの代名詞的存在のブルーノート・レコードを描いたドキュメンタリー映画の日本公開が決定

今年レーベル創立80周年を迎えたジャズ・レーベル、ブルーノート・レコードは、マイルス・デイヴィスからノラ・ジョーンズまで時代を代表する多くの名盤を発表し長きにわたりジャズの世界をリードし続けてきた。そんな革新的なレーベルの真実に迫るドキュメンタリー映画『ブルーノート・レコード ジャズを超えて (原題:BLUE NOTE RECORDS - BEYOND THE NOTE)』の日本公開が決定した。

レーベルは第二次世界大戦前夜、ナチス統治下のドイツからアメリカに移住した二人のジャズ好きの青年、アルフレッド・ライオンとフランシス・ウルフによって1939年にニューヨークで設立。レコーディングにあたって、アーティストに完全な自由を渡し、かつ新曲を書くよう励ますなど妥協することなく理想を求め、レーベル運営を行ってきた。

映画はロバート・グラスパーを中心に若手アーティスト達で結成されたスーパー・グループ、ブルーノート・オールスターズのスタジオセッションの模様からスタート。現在のブルーノートを代表する彼らのレコーディング・セッションに、2人のレジェンド、ハービー・ハンコックとウェイン・ショーターが現れる。のちに監督自身が「魔法のような時間だった」と振り返るスペシャル・セッションの映像やレアなアーカイヴ映像、そして歴代のブルーノートのアーティストたちや、レーベルと密接に関わった人々との対話を通じて、80年にわたり世界中の音楽ファンを魅了しつづけるジャズ・レーベルの真実に迫る。

映画にはKendrick Lamar(声の出演)やA Tribe Called QuestのAli Shaheed Muhammad、Terrace Martinなども登場。ブルーノートやジャズがヒップホップに与えた影響を語っている。

「第17回(2018年) トライベッカ映画祭」をはじめ、世界各地の映画祭にて正式出品され絶賛を集めてきた本作品。日本では9/6(金)より、Bunkamuraル・シネマほかにて全国順次公開される。6月には映画にも出演している現ブルーノート・レコード社長のドン・ウォズを招いた日本プレミア試写会の開催も予定。また公開に先駆けて、映画のメイン・ヴィジュアルをあしらったTシャツやトートバック等のオリジナル・グッズの発売も決定した。

Info

ドキュメンタリー映画
『ブルーノート・レコード ジャズを超えて』
監督:ソフィー・フーバー
出演:ハービー・ハンコック、ウェイン・ショーター、ルー・ドナルドソン、ノラ・ジョーンズ、ロバート・グラスパー、アンブローズ・アキンムシーレ、ケンドリック・スコット、ドン・ウォズ、アリ・シャヒード・ムハマド(ア・トライブ・コールド・クエスト)、テラス・マーティン、ケンドリック・ラマー(声の出演) etc.
字幕翻訳:行方 均 配給:ポリドール映像販売 協力:スターキャット 2018年 スイス/米/英合作 85分
9月6日(金)、Bunkamuraル・シネマほか全国順次公開

映画日本公式サイト www.universal-music.co.jp/cinema/bluenote

RELATED

豊田利晃監督の新作短編『狼煙が呼ぶ』のスペシャル上映イベントがWWWで開催決定

『ポルノスター』、『青い春』、『空中庭園』などで知られる豊田利晃監督の新作短編『狼煙(のろし)が呼ぶ』のスペシャル上映イベントが東京・渋谷のライヴハウスWWWで開催されることになった。

GEZANのドキュメンタリー映画『Tribe Called Discord:Documentary of GEZAN』公開初日に投げ銭上映が決定

GEZANのドキュメンタリー映画『Tribe Called Discord:Documentary of GEZAN』が、いよいよ6/21(金)から公開となるが、今回GEZANの活動にシンクロする前代未聞の上映方法が決定した。

Mac Millerのドキュメンタリー映画の制作が発表されるも遺族側が差し止めを要求

昨年の9月に突然この世を去ったMac Millerのドキュメンタリー映画を制作すると、映画監督のCJ Wallisが昨日発表した。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。