DYGLが2ndアルバム『Songs of Innocence & Experience』のリリース決定 | 全国24ヶ所でのツアーも

DYGLは1stアルバム『Say Goodbye to Memory Den』の発表以降、アジアを股に掛ける初の大規模ツアーを経て、欧米諸国を含むフェスなど様々な舞台を経験し、キャリアを積み重ねていっている。そして拠点をロンドンに移してシングル"Bad Kicks"もリリース。そこから、少し時間を置き一丸となり制作に集中し2ndアルバム『Songs of Innocence & Experience』が完成し7月にリリースされる。

The StrokesのAlbert Hammond Jr.をプロデューサーに招いた前作が、王道ガレージ・ロックの作品だったとすれば、Rory Attwellをプロデュ―サーに迎えた本作は、60年代後半から70年代にかけてのThe Beatlesやサイケデリックなプログレッシヴ・ロック、あるいはEcho and the Bunnymenを彷彿とさせるポストパンクといった、バンドのフェイバリットでもあるアーカイヴを自身の作品で解放させたものとなっている。

収録曲はピアノやシンセサイザー、サックス、ツィター、はたまた打ち込みに到るまで、ポストプロダクションに創意工夫を凝らしつつ、これまでのDYGLには見られなかった持続的でサイケデリックな楽曲や、AORフィールなミディアム・ナンバーなどから、DYGLらしさである、血の通ったシンプルでストレートな強さのある楽曲までも。

初期からのレパートリーである"Nashville"を除けばこの2年間に蓄積された楽曲で構成されている『Songs of Innocence & Experience』。ウィリアム・ブレイクによる書籍『無垢と経験の歌』からヒントを得て、DYGLらしくいまを認識した作品に仕上がった。またバンドはリリース後から全国24ヶ所を回るツアーも敢行する。

Info

アーティスト名:DYGL

アルバム名:Songs of Innocence & Experience

<トラックリスト>

1. Hard To Love

2. A Paper Dream

3. Spit It Out

4. An Ordinary Love

5. Only You (An Empty Room)

6. Bad Kicks

7. Don't You Wanna Dance In This Heaven?

8. As She Knows

9. Nashville

10. Behind the Sun

発売日:2019年7月3日(水)

形式:CD

カタログNO:HEC-006

バーコード:4526180484257

価格:2,315円 (税抜)/2,500円 (税込)

発売元:Hard Enough

販売元:ULTRA-VYBE

DYGL JAPAN TOUR

7月21日(日) 岡山 PEPPERLAND

7月23日(火) 鳥取 AZTiC laughs

7月27日(土) FUJI ROCK FESTIVAL'19

8月1日(木) 愛媛 Double-u studio

8月3日(土) 高知 ri:ver

8月4日(日) 香川 TOONICE

8月8日(木) 福島 CLUB#9

8月9日(金) 岩手 the five morioka

8月12日(月) 宮城 LIVE HOUSE enn 2nd

8月13日(火) 青森 Quarter

8月20日(火) 石川 GOLD CREEK

8月22日(木) 新潟 CLUB RIVERST

8月23日(金) 長野 LIVE HOUSE J

8月28日(水) 奈良 NEVERLAND

8月29日(木) 京都 磔磔(takutaku)

8月31日(土) 広島 CAVE-BE

9月1日(日)  兵庫 VARIT.

9月8日(日)  沖縄 Output

10月3日(木) 福岡 BEAT STATION

10月5日(土) 熊本 NAVARO

10月6日(日) 長崎 ASTORO HALL

10月11日(金) 北海道 Sound Lab mole

10月15日(火) 愛知 CLUB QUATTRO

10月17日(木) 大阪 BIGCAT

10月19日(土) 東京 EX THEATER ROPPONGI

■チケット発売

¥3,500(税込/ドリンク代別/整理番号付)

オフィシャル先行:

4/26(金)12:00 – 5/7(火)23:59 (抽選制)

【URL/QRコード】https://ticket.line.me/sp/dygl/ 

 

LINEチケット独占先行: (情報解禁: 5/10(金)15:00)

5/10(金)15:00〜5/15(水)23:59 (抽選制)

一般発売:6/15(土)

主催・企画 制作:Hard Enough

related

【インタビュー】DYGL 『A Daze In A Haze』|とにかく良い音楽であればいい、シンプルで

このたびDYGLは、内省と音楽的冒険の季節をへて、これまでにないほどオープンで快活、ユーフォリックとさえいえるサウンドを手にした新作『A Daze In The Haze』を発表する。何はともあれまずは、制作の終盤にかけこみで完成させたという“Half of Me”を聴いてほしい。今いる環境に留まりたい気持ちをなんとか断ち切って、「次のところ」へと向かわんとするまさにその瞬間をレジュメした本ナンバーは、コロナ禍でなかなか聴くことの叶わなかったアップリフリティングな「ポップス」である。ノスタルジアに対する否定ではない、むしろ未練を残したような「half of me is still aching inside my head」というサビのラインに、時代精神のすべてが込められている。

DYGLによる『Fred Perry “Subculture Live”』のストリーミングライブが配信|来週には『ストリームwith: DYGL』がTwitchにて配信

2年振りのアルバム『A Daze In A Haze』でロックを現代的な解釈でアップデートさせたDYGL。10月からは全国19カ所を巡る『A Daze In A Haze Tour』を控える彼らが、本日『Fred Perry “Subculture Live”』のストリーミングライブ版に登場する。

Spincoasterによるイベント『SPIN.DISCOVERY』に田我流、釈迦坊主、(sic)boy、ZOMBIE-CHANG、DYGL、No Buses、Seiho、NTsKiなどが出演

「新しい音楽の発見」をテーマに、2014年から開催されてきたウェブメディアSpincoasterによるイベント『SPIN.DISCOVERY』が初のオールナイトで開催される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。