Lil Yachtyが「City Girlsの“Act Up”のリリックを書いたのは俺だ」と明かす

ラップのリリックを他のラッパーに書いてもらうことは、賛否両論あるもののそう珍しいことではない。今回、Lil YachtyがCity Girlsのヒット曲“Act Up”の歌詞を「俺が書いた」と主張していることが話題となっている。

アートユニットSpaghetti BoysのメンバーであるKerwin Frostによるインタビュー企画に登場したLil Yachty。インタビューの中で彼は「それがわかったら、みんな驚くだろうし信じないと思うよ。でも俺はJ.T.の最後のヴァース以外全ての歌詞を書いた。みんな、俺が書いた歌詞を歌ってるんだ」として、“Act Up”の中のJ.T.の最後のヴァース以外全てのリリックを書いたと語っている。「友達のEarlThePearllがスタジオに来て“City Girlsのための曲だよ”と言ってビートを流した。だから書いてやったんだよ」と経緯を説明しており、「三人のように考えたんだ。彼女たちの人間性も知ってたし、女の人が聴いて喜ぶ歌詞も知ってた」と語っていることから、ヒットを狙い戦略的にゴーストライターを務めたようだ。

Post Malone“Rock Star”のリリックをJoey Bada$$が書いたことが明らかになるなど、ビジネスとして他のラッパーにリリックを提供することが一般的となっているアメリカのシーン。ゴーストライターを巡る議論は頻繁に巻き起こるが、このようなシステムは今後さらに広がっていきそうな気配だ。

インタビューでは更に、Lil YachtyがColdplayの“The Scientist”のカバーをレコーディングする様子も映されている。カバーは現在Kerwin FrostのSoundCloudにて聴くことが出来る。

インタビュー動画の全編はこちらから。

RELATED

Lil Yachtyが「DJの技術をマスターしたい」と語る

先日は「Wu-Tang Clanのようなラップグループを結成したい」と発言し、またA$AP Rockyの逮捕をめぐる問題について「下院議員になりたい」と語ったことも話題を呼んだLil Yachtyが、今度はDJの方に興味を示しているようだ。

Lil Yachtyが「トランプ大統領は本気でA$AP Rockyを解放させようと思っていない」と苦言を呈す

今月初めにスウェーデンで迷惑な一般人二人に絡まれて乱闘騒ぎを起こし、その結果逮捕され数週間に及ぶ勾留を受けているA$AP Rocky。Kanye WestとKim Kardashian夫妻の呼びかけに応えトランプ大統領がスウェーデン首相との電話会談を行うなど国家レベルの事態となっている今回の騒動について、Lil Yachtyがコメントを発表した。

Lil YachtyとYung Bansがアルバムのアートワークを巡りビーフを開始

先日は「Wu-Tang Clanみたいなイケてるグループをやりたい」と発言していたLil Yachtyが、新鋭ラッパーYung Bansとの間にトラブルを抱えているようだ。 Yung Bansは今月の初め、7月24日にリリースされるアルバム『Misunderstood』のアートワークを公開。 ...

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。