6ix9ineを世に出したスロバキアのレーベル「FCK THEM」の創設者が彼との関係やビジネスの戦略について語る

昨年より発覚した9つの罪によって未だに拘留を受け続けている6ix9ine。そんな彼のヒットのきっかけとなったシングル“GUMMO”のMVを世に出し、キャリアの初期からサポートを行ってきたスロバキアのレーベル「FCK THEM」の創設者が、いかにして6ix9ineと共にビジネスを行ってきたかについて語っている。

FCK THEMの創設者であるYakshaはVultureのインタビューに応え、6ix9ineとのエピソードについて詳細に明かしている。2016年にニューヨークで6ix9ineと初めて会ったYakshaは、彼に「俺はニューヨークで最もビッグなアーティストになる」と宣言されたという。それに感動したYakshaは彼のサポートを開始。6ix9ineのファンベースを東欧で築きその後アメリカでヒットさせる戦略をとったところ見事に成功し、“GUMMO”の大ヒットに繋がったという。

その後も彼は6ix9ineとプライベートでも親交を深めていったが、ギャングとの関わりや犯罪行為をやめるよう説得することには失敗してしまったそう。ComplexによるとYakshaは当初から6ix9ineの元マネージャーであるShottiやギャングのメンバーに対し懐疑的な姿勢を取っていたそうだが、最終的に6ix9ineは銃撃、強盗、麻薬取引などの罪で逮捕されることとなってしまった。

6ix9ineの逮捕についてYakshaは「多くの人が俺に、彼の面倒をもっと見てやるべきだったと言ってきたよ。彼をヨーロッパに連れていくべきだったとね。彼の犯した最も大きな間違いは、彼がギャングとして注目されることを好んだとこだ。ヘロインを売って、人を撃つことで注目されることがね」と無念の感情を露わにしている。しかし彼の現在については「良くやってると思うよ。何が起こっているのか具体的には知らないけどね。俺もみんなも、戻ってくることを待ってる」と語っており、帰還を待ち望んでいるようだ。

6ix9ineをサポートしていたレーベル側からの視点は今まであまり語られることが無かったため、かなり貴重なインタビューと言えるだろう。ファンにとっては必読の内容だ。

RELATED

6ix9ineの共同被告人11人の内7人が罪を認め減刑への期待が高まる

昨年11月に9つの罪で逮捕され、自身の所属するギャング「Nine Trey Blood Gang」の仲間を売った事で減刑される方向へと進んでいる6ix9ine。そんな彼と共に逮捕され、共同被告人となっている11人の内、7人が現時点で罪を認めている。

元マネージャーが6ix9ineを「恩知らずのクソ野郎」と罵る

昨年より9つの罪に問われ拘留され続けており、事件に関与した仲間を密告したことによって減刑の可能性も浮上している6ix9ine。そんな彼とともに逮捕され、銃器所持と銃撃の罪によって有罪判決を下された6ix9ineの元マネージャーShottiが、彼について「恩知らずのクソ野郎」と語っていたという。

6ix9ineが利益相反によりチームから外されていた弁護士を取り戻す

昨年11月に9つもの罪で連邦当局によって逮捕された6ix9ine。先月では、捜査に協力的な姿勢を見せていることで減刑され、保護観察処分に置かれる可能性が浮上しているなど裁判の風向きが変わってきているが、今月さらに彼にとって良いニュースが舞い込んだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。