Red Bull Music AcademyとRed Bull Radioが今年中に終了することが明らかに

最先端の音楽と音楽教育を発信してきたRed Bull Music AcademyとRed bull Radioが、2019年に終了することが明らかとなった。

Resident Advisorが報じるところによると、両事業のマネジメントを手がけるドイツのコンサルティング会社YadasterがTwitterにて「両プロジェクトは2019年10月31日をもって終了します」との発表を行なっているという。

RBMAとRed Bull Radioの従業員は先週この決定を知らされたようで、かなり性急に決定が下されたことが分かる。

RAの取材に対し、Red Bullは「私たちは急速に変化する世界の音楽プログラムの中で、20年間アーティストをサポートし続けてきました。Red Bullはクリエイティビティを促進するためのグローバルプラットフォームを提供する、という目的を維持し続けます。強力な集中型アプローチから脱却し、既存の構造を段階的に廃止し、Red Bullの国別のチームに権限を与え、現地のエキスパートを活用する新たな設定を実装します」と応えている。RBMAとRed Bull Radioは廃止するものの、Red Bull Musicという事業自体は以前と異なる形で継続し続けるようだ。

1998年に設立されて以来、Nina Kraviz、Flying Lotus、Tokimonstaを始め最先端のアーティストを多数輩出してきたRBMA。これまでのプログラムや記事のアーカイブがどうなるのかは不明だが、貴重な情報の数々が今後も残り続けることが願われるばかりだ。

related

サウンドクラッシュカルチャーの歴史を紹介するムービーをGeniusが公開

様々なジャンルの境界を越えたトップアーティストが集結し、自身のスタイルやバックボーンを武器に、サウンドクラッシュを行うRed Bull Culture Clashが、今週末にアトランタで開催される。

MumdanceがどのようにモジュラーシンセをDJセットに組み込むかをレクチャー

Red Bull Music Academy Tokyoの卒業生であるMumdanceがモジュラーシンセをどのようにDJプレイなどに用いるかを説明している。

「ディスコのレコードを爆破しようぜ」1979年にシカゴの球場で行われた反黒人/反同性愛を象徴するイベント「ディスコ・デモリション」のドキュメンタリー

Red Bull Music Academyが1979年に行われた悪名高き「Disco Demolition」のドキュメンタリーを公開した。「Disco Demolition」とは…?

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。