Kim Kardashianが「Kanye Westのベビーシッターをすることにもう疲れた」と発言

2013年に結婚して以来、紆余曲折を経ながらも共に支えあってきたKanye WestとKim Kardashianの夫婦。仲の良さで知られる二人だが今回、Kim KardashianがいよいよKanye Westの周辺で巻き起こるトラブルに疲れた様子を見せている。

XXLによると、Kardashian一家を描いた人気リアリティ番組『Keeping Up With the Kardashians(邦題『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』)』の最新回でKim Kardashianは「私はもうKanyeのベビーシッターをして、彼を傷つけているのが誰か見つけることが出来ない。彼を安心させて人前に出すことは私を本当にいらいらさせる」と、Kanyeの面倒を見てケアしてあげることにいい加減うんざりしたことを明かしているという。続けて彼女は「もうエネルギーが残ってない。沢山よ。どうにかする」と発言し、疲れ切った様子を見せているそう。

昨年より、KimはKanyeと長年コラボしてきたRhymefestとの間にチャリティー基金Donda’s Houseを巡るトラブルを抱えていた。今回の『Keeping Up With the Kardashian』の最新エピソードはKim、Kanye、Rhymefestの三人による議論の模様が収録されており、前述の発言はRhymefestの問題に関連するものとなる。

番組が収録されて以降もKimはKanyeの「Sunday Service」に常に同行するなど仲の良い様子を見せているため夫婦間の関係には問題が無いようだが、日夜トラブルを抱え自分でも発生させ続けるKanyeの妻でいるために相当な労力を費やすことは確かだろう。2月のバレンタインデーにはKanyeがKimにサックス奏者Kenny Gの生演奏をプレゼントしていたが、この特殊な夫婦関係を持続させるためには努力と気遣いが欠かせないのかもしれない。

related

Lil Uzi VertがKanye Westに「俺のために祈ってくれ」と呼びかける

今年は待望のニューアルバム『Eternal Atake』をリリースし活動の勢いを増しているLil Uzi Vert。そんな彼がKanye Westに対し謎の呼びかけを行なっている。

Kanye WestがかつてEminemのドラムキットを盗もうとしたことを明かす

2000年代初期から中期にかけて、ラッパーとしてだけでなくプロデューサーとしても高い評価を受け注目されていたEminem。同じ時期に新進気鋭のプロデューサーとしてキャリアをスタートしたKanye Westが、そんな彼とのエピソードを語っている2004年のインタビュー記事が話題となっている。

Kanye Westが「『JESUS IS KING』の20%はiPhoneでレコーディングされた」と明かす

先日公開されたGQのカバーストーリーに登場したKanye West。今年の大統領選でトランプ大統領へ投票することを仄かしたことも話題を呼んだが、一方で昨年リリースされたアルバム『JESUS IS KING』のレコーディングについても語っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。