新プロジェクトBOTTをスタートさせたグラフィックデザイナーのTEITOがAWAでプレイリストを公開

グラフィックデザイナーのTEITO(テイト)がAWAでプレイリスト『AT MIDNIGHT』を公開した。このプレイリストはTEITOが実際に選曲をし、ジャケットは今回のためにデザインしたもの。

1993年生まれのTEITOは文化服装学院に入学後、グラフィックデザインを始め、2016年にブランド「LOOPY HOTEL(ルーピー ホテル)」をスタート。2018年には初個展「NO ONE KNOWS ME」を開催するなどしていたが、2019年にLOOPY HOTELを休止させ、新たなプロジェクト「BOTT(ボット)」をスタートさせた。そんなTEITOに自身のルーツなどを聞くと共にAWAでプレイリストも作ってもらった。

取材・写真:Toru Miyamoto

 

- グラフィックデザインを始めるきっかけはなんだったのですか?

TEITO - 文化服装学院に入学したタイミングで、パソコンが必要だと思って、MacBookを買ったんです。当時は19歳でお金がなかったんで、24回払いとかで(笑)。入学してから、同級生にudai(Youth Quake)とKEI(Youth Quake / CAR SERVICE)がいて、仲良くなったんです。それで、3人でブランドをやろうってなって。KYTZ(キッツ)っていうブランドを始めて、最初にTシャツを作ったんです。そのタイミングで、フォトショップやイラレで、グラフィックデザインを始めましたね。身内で作って、ほしい人いたら、メールでやりとりするって感じでした。僕らは当時、子どもだったのでお金の管理はできないし、お金はないし。自然とブランドは終わっていきました(笑)。けど、この活動のおかげでいろんな人と繋がったりもして。udaiとKEIはYouth Quakeを始めて、僕はブランド TTT_MSW(ティー)のグラフィックを手伝ったり、自分のブランド LOOPY HOTELを始めました。

- LOOPY HOTELを始めた経緯について教えてください。

TEITO - もともとSTUSSYで働いてて、そのときのマネージャーが僕のグラフィックデザインの活動を見て、「なにか始めてみたら?」って言われたのがキッカケでした。それが2015年の年末で、初めてアイテムをリリースしたのが2016年の4月ですね。15枚くらいの手刷りのTシャツから小さく始めたんです。そこから、SUPPLYがやっている代々木八幡のお店、BACKDOORで取り扱いが始まりました。カルチャー好きな人が気に入ってくれて、取り扱い先も増えて、大きくなっていきましたね。けど、今はブランド自体が休止中なんです。

- それで新しく、BOTTというプロジェクトが始まるわけですね。そもそもBOTTの名前には、どういう意味が込められているのですか?

TEITO - BOTTは“Birth Of The Teenager”っていう言葉の頭文字をとりました。意味自体は、“10代が生まれる”っていう意味で、僕もよく分からないんです(笑)。なんかの本に出てきたフレーズなんですよね。BOTTとしては、3月16日のCreativeDrugStoreのポップアップショップで初めてお披露目します。4月以降には、BOTT単独の洋服も展開して。BOTTでは洋服に限らず、いろんなことに取り組んでいきたいですね。

- LOOPY HOTELやBOTTなどのグラフィックデザインは、どういうところからインスピレーションを受けているのですか?

TEITO - 本や映画、音楽が多いですね。文化服装学院に入る1年前、コンビニでバイトしてた時期があって。バイト終わったら、レンタルビデオショップでDVD借りて、朝まで観て、またバイト行くみたいな生活をしてました。最初はバックトゥザフューチャーを久しぶりに観て、この年代の映画はおもしろいなって思ったのがきっかけで。ゴーストやダーティ・ダンシング、スパイク・リーの作品とか、たくさん観ましたね。今回作ったプレイリストのアートワークはウディ・アレンの映画 マンハッタンをオマージュしてるんですよ。選曲が、愛のあるテーマが多かったので、そういうテイストのグラフィックにしたかったんです。自分の世界観が昔っぽい、古臭い感じがあるので、それを表現しました。

- なるほど。選曲に関しては、洋楽、邦楽、時代などを問わずに選曲されてますよね。

TEITO - Princeは昔から好きで、エレカシ(エレファントカシマシ)はフェスで聴いてから、かっこいいって思いました。だいぶ遅いんですが、去年の夏から聴き始めて。清水翔太さんとかは中学生の頃に聴いてましたね。あと、ホール&オーツ(Daryl Hall & John Oates)は親父の車の中で流れてたのがきっかけで好きになって。トレイシー・チャップマン(Tracy Chapman)も親父が聴いてましたね。当時は気にしてなかったけど、大人になってから聴くと良い曲ばっかりだなって思います。ジャンルを固めすぎて、かっこつけたプレイリストになるのは嫌だったんで、自分の好きな曲を日本と海外問わずに選曲しました。このプレイリストはずっと聴いてる曲ばかりです。普段、聴くのってこういう曲なんですよね。

- あと、実際にTEITOくんと親交があるアーティストも。TEITOくんにとって、親しいアーティストの活動はどういう風に見えているのですか?

TEITO - めっちゃ刺激を受けますね。僕の仕事は完全に内側の人。デザインして、それを世の中に出して。自分は表に出る仕事じゃない。友だちのBIMやkZm、VaVaくんがステージで自分の音楽を披露しているところを見ると、表現の仕方が羨ましく思ったりもします。けど、ライブのステージで自分のブランドの服を着てくれたりするのを見ると、本当に嬉しくなります。僕自身、こういう人たちが着たいと思う服をもっと作りたいなって。プレイリストにも入ってるネバヤン(never young beach)/ PAELLASの阿南くんも仲良いですね。新宿のお店、Jackpot(ジャックポット)の奥山さんに紹介してもらってから、仲良くなって、よく飲みに行ったりします。ネバヤンもPAELLASもすごい好きですね。

- 最後にTEITOくんは今後、どういう活動をしていくのですか?

TEITO - BOTTとして洋服を作ったりするのはもちろんなのですが、絵も描いていきたいですね。周りにシンノスケさんやフェイスさんとか、絵を描く先輩がいて。その人たちを見て、自分も絵を描きたいなって思って始めたんです。2018年には個展「NO ONE KNOWS ME」を開催したのですが、また個展とかもやっていきたい。自分にとってグラフィックデザインは仕事で、絵は自己表現です。

Info

TEITO:https://www.instagram.com/teitohasemi/

BOTT:https://www.instagram.com/bott2019/

RELATED

【インタビュー】Kelsey Lu |フロウする音楽

チェロをはじめとしたマルチ・インストゥルメンタリストとボーカリストの顔を持つLAを拠点とするアーティストKelsey Luが、先月末に現代美術作家の杉本博司が手がける小田原文化財団/江之浦測候所と、東京・渋谷WWW Xで来日公演をおこなった。

AWA × FNMNL コラボレーションプレイリスト Vol.10 | 『Rainy Rainy Sounds』

昨年よりスタートした、日本生まれの音楽プラットフォームAWAとFNMNLのオフィシャルコラボプレイリスト。

Kvi BabaがAWAでプレイリスト『Color Of My Eyes』を公開

Kvi Babaが音楽ストリーミングサービスAWAでプレイリスト『Color Of My Eyes』を公開した。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。