ソビエトで禁止されていた音楽をレントゲン写真に録音してレコードを作っていたBONE MUSICの企画展が開催

1940年代から60年代の冷戦時代のソビエト。現在のロシアにあたるこの国では当時、音楽を含む全てのカルチャーが、国家によって検閲され、コントロールされ、そしてアメリカのジャズ、ロックンロールや一部のロシア音楽を聴くことが強く禁止されていた。見つかれば間違いなく刑務所行きという状況の中でも、レントゲン写真に自作のカッティング・マシーンを使い音楽を録音し製作していた音楽ファンたちがいた。病院で不要となったレントゲン写真に、自作のカッティング・マシーンを使い音楽を録音し、「ボーン・レコード」は「ボーン・ミュージック」と呼ばれるようになり反体制カルチャーの1つとなった。

「ボーン・ミュージック展」展示予定作品 Ⓒ Photography by Paul Heartfield
「ボーン・ミュージック展」展示予定作品 Ⓒ Photography by Paul Heartfield

そして今回、国家の弾圧にひるむことなく、ただ好きな音楽を聴くため残した物語を、実物のボーン・レコードと、当時録音された音源とあわせて紹介する『ボーン・ミュージック プロジェクト』の企画展が4/27(土)から東京・原宿のBA-TSU ART GALLERYで開催される。

この展覧会は作曲家のスティーヴン・コーツ、カメラマンのポール・ハートフィールドの両人によってキュレーションされ、これまでに、2014 年のロンドンで初開催。

過去海外での展示風景 Photo: Ivan Erofeev Ⓒ Garage Museum of Contemporary Art
過去海外での展示風景 Photo: Ivan Erofeev Ⓒ Garage Museum of Contemporary Art

約3年間に渡りイタリア、そしてこのストーリー誕生の地であるロシアでの開催を経て、昨年のイスラエルに続き、日本での企画展としてアジアに初上陸することになった。今回の展覧会では、スティーヴン氏、ポール氏両人のコレクションであるビンテージ・ボーンレコードを中心に、貴重な録音機となるカッティングマシーンを展示。会場BGMにて実際にボーン・レコードに録音された当時の音源も試聴できる。

キュレーターの1人であるコーツのコメントはこちら。

今の日本人にとって、音楽はとても大事な存在であるのではないかという気がしています。 そしてこのプロジェクトにある”音楽とイメージ”の組み合わせを好きになっていただき、

ボーン・ミュージックの中にあるロマンティックなストーリーを理解してもらえればと思っています。 ボーン・ミュージック・プロジェクトは、1950 代のソ連での出来事としてだけでは無く、今や広くユニバーサルストーリーとなり、 音楽とアナログ盤カルチャーが好きな若者にも鑑賞してもらえればと思っています。 それでは日本の皆さんの感想を楽しみにしています。

また都築響一がライナーノーツを寄稿している。

ある日突然、警官が君のポケットを探り、スマホの音楽アプリをチェックして「この曲は持ってちゃダメだ!」とスマホ没収、学校や会社にも通報されてクビになる。宅録音源をCDに焼いてる最中に警官隊が突入してきて問答無用で逮捕、そのまま5年間の刑務所生活——そんな状況が 2019 年の日本で想像できるだろうか。それほど シュールな悪夢が日常だった半世紀前のソビエトで、使用済みのレントゲンフィルムを丸く切り抜き、細い溝を刻んで「禁制音楽」を広めた人間たちがいた。モダンジャズからロックンロールまで、ビバップからビートルズまで、傷ついたからだの影に刻みつけられた、肉体のもっとも深い部分から湧き出す音楽。いちばん自由から遠 かった国が、音楽という表現が持ちうる最高のちからを教えてくれる。あらゆる音源があふれるいま、これほどの強度を持つ音楽のかたちを、僕らの時代は持ちうるだろうか。

INFO

BONE MUSIC 展 ~僕らはレコードを聴きたかった~

【会期】 2019 年04 月27 日(土) - 2019 年05 月12 日(日)

※会期中、関連イベントを予定しております。詳細追っては公式サイト、SNS にて

発表させていただきます。

【開館時間】 11:00-20:00 (入館は30 分前まで) 会期中無休

【会 場】 BA-TSU ART GALLERY 150-0001 東京都渋谷区神宮前5-11-5

【主 催】 ソニー・ミュージックエンタテインメント

 

related

コカ・コーラの新ブランド「トポチコ ハードセルツァー」の発売を記念したアート展示が渋谷で開催

コカ・コーラから発売された新感覚のアルコール入りスパークリングウォーター「トポチコ ハードセルツァー」によるアート展示『TOPO CHICO SHIBUYA ART GALLERY』が8/30(月)まで開催中だ。

Charli Tapp、noise、Quentin Chambry、Valentin Dommangetによるグループ展『B1(ultra)safe』がANAGRAで開催中

それぞれ東京を拠点に活動するアーティストCharli Tapp、noise、Quentin Chambry、Valentin Dommangetの4人によるグループ展『B1(ultra)safe』が、8/15(日)まで半蔵門・ANAGRAで開催中だ。

ゲームのバグをテーマにしたアーティスト岡田舜の個展『under/stand』が開催

東京在住のアーティスト岡田舜の個展『under/stand』が、幡ヶ谷のgallery communeで5/28(金)から開催される。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。