Pioneer DJのDJコントローラー『DDJ-SB3』でDJ NORIOとYoung Dalu、Osamiがお手軽ホームパーティ

Pioneer DJのSerato DJ Lite専用のDJコントローラー『DDJ-SB3』。同社のDJコントローラーは気軽に持ち運んでどこでもDJが出来る可搬性と高い操作性で強い支持を受けているが、『DDJ-SB3』はさらに直感的なプレイを可能にするインターフェイスを採用。初心者でも本格的なDJプレイを楽しめる。

上位モデルDDJ-Sシリーズ同様「PLAY」や「CUE」、「AUTO LOOP」のボタンをPERFORMANCE PADSから独立させることで操作性と演奏性を更に向上させ、またレジェンドDJであるJazzy Jeffのスクラッチをパッドで再現できる「PAD SCRATCH」、簡単かつスムースなミックスを実現する「FX FADE」という二つの新機能を搭載。誰でも本格的な演奏を披露すること可能だ。

簡単で便利、なおかつコンパクトな『DDJ-SB3』。ということはこんな時にDJがいたら嬉しいなという、ホームパーティやBBQなどのシチュエーションでも、もっと盛り上げさせてくれることは間違いない。というわけでFNMNLでは、Tokyo Young Vision所属のDJ/ビートメイカーであるDJ NORIO、そしてNormcore BoyzからYoung Dalu、Osamiというナチュラルなパーティバイブスが出ている三人に『DDJ-SB3』を使ってホームパーティーをしてもらうことに。

「ECHO FX」のようなエフェクトがツマミやパッドで簡単に操作でき、各パッドに多様なスクラッチを配置できる「PAD SCRATCH」もNormcore Boyzのパーティライクな楽曲に花を添え、「FX FADE」を使えば、通常のDJミックスではテクニックを必要とするエフェクトを使ったミックスがパッド一つで簡単に実現できる。見事な繋ぎにパーティのバイブスも上昇。

原曲をより盛り上げる様々なサウンドエフェクトも簡単に導入できる。動画のプレイではレゲエホーンや声ネタを使ってアッパーな雰囲気を演出。

さらに、DJ NORIOとYoung Daluはジョグを使ったお手軽スクラッチも披露し、パーティ気分は最高潮に!クラブ以外のシチュエーションも気軽に彩ってくれる『DDJ-SB3』でこんな最高のパーティを実現してみてほしい。

Info

DDJ-SB3

- Pioneer DJ Official Site -
https://www.pioneerdj.com/ja-jp/product/controller/ddj-sb3/black/overview/http://www.pioneerdj.com/

希望小売価格 :オープン価格

RELATED

Pioneer DJからSerato DJ Pro専用DJコントローラー「DDJ-1000SRT」が発売

Pioneer DJから、Serato DJ Pro専用の4chパフォーマンスDJコントローラー「DDJ-1000SRT」が2019年8月下旬に発売される。

XLARGEとSEGAのコラボレーションを記念してWATAPACHIとNormcore Boyzのコラボ曲"BURN"のミュージックビデオが公開

今年1月には人気キャラSONIC THE HEDGEHOGとのコラボレーションを行ったXLARGEとSEGAが、また新たなコラボレーションを発表した。

Pioneer DJがDubset Mediaとの協業を開始 | 『DJM-REC』で使用した楽曲のロイヤリティーをアーティストに分配へ

Pioneer DJがデジタル著作権管理プラットフォームのDubset Media社と協業を開始し、DJ向け録音iOSアプリケーション『DJM-REC』に「Dubset」へのアップロード機能が追加された。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。