Tay-Kが獄中で自殺防止スモックを着ている写真がアップされるもマネージャーは「彼は死にたがっていない」と発言

複数の強盗や殺人に関わった容疑で拘留されているラッパーのTay-K。そんな彼の先日公開された最新の写真が波紋を呼んでいる。

先週土曜日、Tay-KのInstagramに一枚の写真がアップロードされた。写真には手錠を嵌められたTay-Kが電話の受話器を手に持っている様子が写っているが、ここで彼が着ている服が話題となった。

彼が着る赤いベストは刑務所で自殺を防止するために用いられるもので「スモック」と呼ばれ、丈夫なナイロンで出来ているため破いて首を吊ることが出来ないもの。この写真を見てTay-Kが自殺を図ったのではないか、という憶測がファンの間で広まっている。

しかし、そのような憶測をTay-KのマネージャーであるEzra Averillが公式に否定している。Avrillは先日自身のInstagramのストーリーを更新し、「速やかに物事をはっきりさせる必要がある」とした上で「あの写真は7ヶ月以上前のものだ。Tayは自殺しようとなんてしていない。あれは彼が2年以上閉じ込められていた独房を出るためにやったことだ」と綴った。

以前も独房で健在をアピールしていたTay-Kだが、依然として強かに解放に向けて動き続けているようだ。ファンにとっては一安心だろう。

related

Tay-Kが自身を報じるメディアのやり方を非難するとともにファン達に謝罪

先日、現在獄中にいるTay-Kに金銭や手紙を送るよう彼のマネジメントチームがファン達に要請し、その後Tay-K本人がその事実を否定するといったことがあったが、今回、改めてTay-Kがファン達に謝罪を行った。

Tay-Kが殺人罪で再び起訴される|成人扱いでの裁判がいよいよ開始か

2016年に起こした複数の強盗・殺人事件で裁判にかけられ、その内一つの事件の裁判では55年の服役刑を宣告されたTay-K。その後テキサス州に移送され、成人扱いでの裁判を控えていることが明らかになっていたが、今回テキサス州でも再び殺人罪で起訴されたことが報じられた。

裁判にかけられているTay-Kがファンに金銭を要請した事を否定

2016年に起こした複数の強盗・殺人事件で裁判にかけられ、その内一つの事件の裁判で55年にも及ぶ服役刑を宣告されたTay-K。今月9月1日、Tay-Kの公式Twitterが更新され、彼のマネジメントチームが「Tayに手紙や本を送ってくれ。彼がサンアントニオにいる間は、本に金を添えてほしい」と、ファンに対してTay-Kへのサポートを要請した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。