SZAがSixpence None The Richerのクラシック“Kiss Me”をカバー

映画『ブラックパンサー』のサウンドトラックに収録された“All The Stars”でKendirick Lamarと共にグラミー年間最優秀楽曲賞にノミネートされたSZA。そんな彼女が、90年代にアメリカで人気を集めたバンドSixpence None The Richerのヒット曲“Kiss Me”をカバーし話題となっている。

Sixpence None The Richerは1992年に結成されたポップバンドで、“Kiss Me”やThe La’sの“There She Goes”のカバーなどが代表曲となる。ポップなギターサウンドとボーカルであるリー・ナッシュの可愛らしいボーカルが特徴だ。

SZAは先週末にマイアミで開催されたIll Point Music Festivalに出演。その際にサプライズで“Kiss Me”のカバーを披露し、観客を大いに盛り上げた。メロウなR&Bサウンドで知られる彼女だが、今回のカバーではSixpence None The Richerのアップテンポな原曲を忠実に再現しつつ、自身のソウルフルなボーカルを映えさせる見事なパフォーマンスとなっている。

“Kiss Me”を歌い終えたSZAは「この曲はマジで私を幸せにしてくれるの。今が1998年だったら良いのに」と、同曲がお気に入りであることを明かしている。今回のカバーはIll Point Music Festivalで初めて披露されたためリリースなどはされていないが、Twitterなどには正式な音源のリリースを望む声も多い。

SZAは1stアルバム『Ctrl』に続くニューアルバム『A』の完成を昨年アナウンスしていたが、未だにアルバムやEPなどの作品は発表されていない。今回の“Kiss Me”のカバーは今後リリースされるであろう彼女のニューアルバムに収録されるのだろうか?

RELATED

Rihannaが自身のブランドFenty Beautyの万引きを疑われたSZAにギフトカードをプレゼント

先日トップシンガーのSZAが、化粧品や香水の専門店セフォラで買い物をしていたところ、ショップスタッフがセキュリティーを呼び彼女が万引きをしていないかどうか確認するという一件があった。

Kendrick LamarとSZAが次回作より自由契約になる可能性

言わずと知れた人気レーベルのTop Dawg Entertainment。TDEを代表するアーティストといえばKendrick LamarとSZAの二人がいるが、彼らの作品はそれぞれInterscopeとRCAからリリースされている。そのような状況の中、二人が次のアルバムより自由契約になるとHits Daily Doubleが伝えている。

SZAがニューアルバム『A』が完成したと明かす

今週Kendrick Lamarが所属するTop Dawg Entertainment(TDE)には大きな動きがあった。その発端はIsaiah RashadがKendrick Lamarの新作を聴いたと述べたこと。元々TDEは、今年中にあと2作品をリリースするのを予定しており、ScHoolboy Qの新作とKendrickの新作がその2作に該当するとファンやメディアは色めき立った。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。