9th Wonderがグラミー賞の追悼コーナーにXXXTentacionが登場しなかったことについて「全員に追悼される権利がある」と語る

昨日開催されたグラミー賞の授賞式。グラミー賞ではその年に亡くなったアーティストの追悼が行われることが恒例となっている。Aretha FranklinやMac Miller、Aviciiなどのアーティストが追悼されたが、そこに昨年銃殺されたXXXTentacionが登場しなかったことが問題視されている。

XXXTentacionは生前元恋人にDVを働いていた疑惑が浮上しており、今回彼が登場しなかったのはそれらの事情に配慮した結果だと見込まれている。しかし、プロデューサーの9th Wonderはその判断について異論を唱えている。TMZの取材に対し、9th Wonderは「誰しも記憶される権利を持っている。そのアーティストがゲームに大きな功績をもたらしカルチャーを変えたのならば、彼は覚えられているべきだ。キッズにも影響を与えているしね。俺の息子もXXXTentacionのファンだ。グラミーはそれに最適な場だったと思う」と、他のアーティストと平等にXXXTentacionにも追悼の場が設けられるべきだったとコメントしている。

今回のグラミー賞は例年女性の受賞者が少ないという批判を受けて、多様性やポリティカリーコレクトネスを考慮して行われることが事前にアナウンスされていた。生前女性に対する暴力を振るったXXXTentacionを追悼することは今回のグラミーの理念に反するという判断だろうが、それでも彼の音楽がシーンにもたらした影響力の大きさを鑑みると「一切の追悼を行わない」という措置を不自然と受け止めるファンがいることも仕方がないと言える。

XXXTentacionを始め、トランプ支持を打ち出し「奴隷制は選択だった」との発言を行ったKanye Westや性的暴行を告発されているR. Kellyなど、昨年はアーティストの作品と人間性について考えなければならないケースが頻発した。今回のXXXTentacionの追悼に関する一件をきっかけに、さらなる議論が音楽シーンの内外に波及していきそうな気配だ。

related

2021年グラミー賞の受賞者が発表|Megan Thee Stallionが最優秀新人賞、H.E.R.が最優秀楽曲賞を受賞

今年もいよいよ幕を開けたグラミー賞の授賞式。以前よりそのノミネーションが批判の対象となり、The weekndがボイコットを表明するなど例年と比べ波乱の展開を見せた今年のグラミー賞だが、その受賞者が発表となった。

今年のグラミー賞候補に対する批判についてレコーディングアカデミーが声明を発表

いよいよ発表となった2021年グラミー賞のノミネート。毎年大きな注目を集めるアメリカ音楽業界の祭典だが、今回はノミネートされた作品やアーティストに対し、多くの批判や疑問、不満が寄せられている。特にヒップホップやR&Bのノミネート作については例年以上の批判の声が上がっているが、そんな中、賞を主宰するレコーディングアカデミーがこれらの反応に対し返答を行なっている。

XXXTentacionの短く壮絶な生涯を描く評伝『ぜんぶ間違ってやれ──XXXテンタシオン・アゲインスト・ザ・ワールド』が刊行 | 著者は『くたばれインターネット』のジャレット・コベック

2015年にリリースした"Look At Me!"で注目を集めて、一躍人気ラッパーのポジションに躍り出るも、恋人への監禁・暴行や強盗などで逮捕・収監され、2018年に地元フロリダで銃撃され、わずか20歳でこの世を去ったXXXTentacion。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。