Kojoeがゲストを迎え制作したデモテープをカセットテープでリリースする企画が始動 | 第1弾にはBUPPONが登場

Kojoeが毎回異なるゲストを迎え、各アーティストのデモテープを作成するというコンセプトで音源を制作し、カセットテープでリリースする企画が始動する。

この企画ではKojoeはプロデュース、ミックスダウンのみならず、コーラスやヴァースのキックまで、アーティストのクルーの一員に扮して行う。レコーディング環境は4chのカセットMTRとマイクのみというシンプルな機材で、録音は殆ど一発録りという限られたもの。現在の充実した機材環境で制作される音源はもちろん、ローファイと呼ばれるサウンドと並べても一線を画す程にrawな音質には、Kojoe自身が90sにqueensのストリートで過ごす中で、無名なローカルのミュージシャン達との交流や切磋琢磨を通じ、肌で感じとった生々しさが反映されている。

今回第1弾アーティストとして選ばれたのは、全曲illmoreがビートを提供しKojoeがエグゼクティブ・プロデューサーとして参加した
最新アルバム『enDroll』の発売を3月に控えるBuppon。このテープは本日21時から限定販売となる。

Info

■Cassette
Shop URL :
https://www.illscott.com/

Artist : Kojoe
Title : DemoTape - CROSSTALK - episode.1 BUPPON
Price : 1,600yen
※2.6 21:00から限定販売開始 / MP3音源のダウンロードコード付き

■Long Sleeve Tee
Color : White / Orange
サイズ:L〜XXXL
Price : 5,000yen

All produced and engineered by Kojoe
All artworks by hide052
All video and photo by udai

related

【インタビュー】KOJOE × BUPPON × ZIN 『Scent』 | 日本のラップとソウルを再び合流させるきっかけに

ップと歌を自在に操るプレーヤーであり、近年はプロデューサーとしても活躍するKOJOEが、自身の愛するゴリゴリのラップと、スイートなソウルを掛け合わせたアルバム『Scent』を、ラッパーのBUPPONとシンガーのZIN(Soulflex)とともに作り上げた。

KOJOEがBUPPONとZINとのアルバム『Scent』をリリース

東京、大阪、沖縄に拠点を構え日々音楽に向き合う生活を送るKOJOEが、これまでに幾度も共演を行ってきたBUPPONと、アーティストコレクティヴのSoulfrexに所属し、優しさと美しさを兼ね備えた歌声を持つZINを迎えたアルバム『Scent』を4/6(水)にリリースする。

Kojoeの“首都高 Midnight feat. ISSUGI & MuKuRo”のJansport Jによるリミックスがリリース

Kojoeが2020年に発表したEP『23』収録の“首都高 Midnight feat. ISSUGI & MuKuRo”と表題曲“23”の2曲をLAのプロデューサーJansport Jがリミックス。本日デジタルと7インチでリリースされた。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。