Frank OceanがSZA、Kendrick Lamar、Andre 3000をフィーチャーした新曲のリリースをほのめかすがハッキングと判明

つい先日、ビデオアルバム『Endless』のストリーミング解禁のニュースをFrank Ocean本人が否定するという出来事があったが、同じようなことがまたしても起こってしまった。Frank OceanといえばTumblrを活用するめずらしい一面をもっていることでも有名だが、そこに投稿された新曲のリリースをほのめかす投稿がハッキングによるものだったことが判明したのだ。

ことの始まりは、こちらの投稿だ。

「MARCH 1ST(3月1日)」という日付とともに「SOLANA+KL+ANDRE」と書かれたシンプルなものだが、これを見たファン達は熱狂。SOLANAというのはSZAの本名で、KLというのはKendrick Lamar、そしてANDREはAndre 3000のことを表しており、3月1日にFrank OceanがSZAとKendrick LamarとAndre 3000を客演に迎えた曲をリリースするのではと噂になっていた。そしてその下にある「?(2019)?(2019)?(2020)」については、Oceanが2019年に2つのプロジェクト、2020年に1つのプロジェクトをリリースするのではないかとファン達は推測。掲示板ではファン達が各々の意見を交わし合い、新曲への期待が高まっていくばかりであった。

しかし、ふたを開けてみればこれらの投稿はFrank OceanのTumblrアカウントがハッキングされたことによるものだと判明。「MARCH 1ST、、、」の投稿は「この投稿が25000いいねをもらったら俺はFrank OceanがAndre 3000とKendrickとSZAをフィーチャーした曲をリリースするつもりだ。(本物の曲だ)」という文に変わり、リンクをクリックするとPatryk Ladniakという人物のInstagramアカウントに誘導されるように。そして「?(2019)、、、」という投稿も「“SpirDark”もうすぐ戻ってくる。誰も安全ではない。もしリリースされていないFrankの曲に興味があるのならメールしてくれ」という文に変わってしまっていた。現在、投稿は2つとも削除されてしまったが、ハッキングされていたというのは間違いなく、多くのファンの人達がショックを受けたことだろう。

立て続けにリスナーは振り回される形となってしまったが、今年Frank Oceanが新曲をリリースすることはあるのだろうか。

related

Frank Oceanの母親が『Channel Orange』と『Blonde』のどちらが好きか選ぶ

以前Frank Oceanがインタビューで夜間のスキンケアの重要性を説いた際に「日焼け止めを忘れてるよ」と指摘するなど、かなり強いキャラクターを持っていると思われる彼の母親。そんな彼女が、息子の作品の中でお気に入りのアルバムや楽曲について語っている。

映画『WAVES/ウェイブス』のトレイ・エドワード・シュルツ監督がFrank Ocean、Kanye West、Kendrick Lamarの楽曲をセレクトした理由を語る

4月より公開される話題の映画『WAVES/ウェイブス』。FNMNLのコラムでも紹介されているように、Animal CollectiveやFuck Buttons、Frank Ocean、H.E.R.、Kendrick Lamar、Kanye West、A$AP Rockyなど様々なジャンルの31曲もの楽曲たちが作中の登場人物やシーンが帯びている感情を代弁する役割を果たし、それらの隙間をトレント・レズナーとアッティカス・ロスによるオリジナルスコアが埋めて補完するというこれまでにない音楽と映像の関係を作り上げた作品になっている。

Frank Ocean、Kendrick Lamar、Kanye Westなどの楽曲が使用される映画『WAVES/ウェイブス』の予告編が公開

『ムーンライト』や『レディ・バード』、『ヘレディタリー/継承』など次々と話題作を発表して、ハリウッドに新風を吹き込む映画制作会社のA24。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。