Frank Oceanのビデオアルバム『Endless』のストリーミング解禁を本人が「フェイクニュース」だとして否定

ファンにとっては残念なお知らせである。先日Frank Oceanのビデオアルバム『Endless』がストリーミングサービス上で配信されるニュースをFNMNLでも報じたが、その報道をFrank Ocean本人が「フェイクニュース」と呼び否定したことが明らかとなった。

『Endless』は2016年リリースのビデオアルバムで、Apple Music限定で配信された後CD、ヴァイナル、DVD、VHSなどの形で発売されていた。同作のストリーミング解禁の報道は先週木曜日にBillboardによって行われたのが最初であり、Frank Oceanのファンが運営するInstagramアカウント「frankoceanblonded」も興奮を隠せない様子で「もうすぐ『Endless』を1曲ずつ聴けるようになるよ!!!公式にね笑」と投稿した。その投稿に対し、Frank Ocean本人によるアカウント「blonded」は一言「フェイクニュース」とコメント。どうやら、『Endless』のストリーミング解禁はBillboardの誤報だったようだ。

View this post on Instagram

???? i guess not 😔 sorry guys

A post shared by FRANK OCEAN (@frankoceanblonded) on

気の毒に「frankoceanblonded」の運営者は「????? 違うと思ったのにな。みんなごめんね」と落胆している様子である。

AP通信が伝えるところによると、『Endless』はFrank OceanがDef JamとUMGとの契約を果たすためだけに作ったプロジェクトであり、その翌日に自身のレーベル「Boys Don't Cry」からリリースした説明不要の名盤『Blonde』の方が彼にとって重要なものであったようだ。Frank OceanとDef Jam、UMGとの関係は「不幸な結婚」と例えられたほど緊迫したものであり、よって今回の『Endless』ストリーミング解禁も彼自身の本意ではない間違った形で行われようとした物だということが考えられる。

実際に『Endless』がストリーミング解禁されるかどうかは不明だが、ともかくニュースに期待していたファンは皆がっかりしたことだろう。

related

Frank Oceanの母親が『Channel Orange』と『Blonde』のどちらが好きか選ぶ

以前Frank Oceanがインタビューで夜間のスキンケアの重要性を説いた際に「日焼け止めを忘れてるよ」と指摘するなど、かなり強いキャラクターを持っていると思われる彼の母親。そんな彼女が、息子の作品の中でお気に入りのアルバムや楽曲について語っている。

映画『WAVES/ウェイブス』のトレイ・エドワード・シュルツ監督がFrank Ocean、Kanye West、Kendrick Lamarの楽曲をセレクトした理由を語る

4月より公開される話題の映画『WAVES/ウェイブス』。FNMNLのコラムでも紹介されているように、Animal CollectiveやFuck Buttons、Frank Ocean、H.E.R.、Kendrick Lamar、Kanye West、A$AP Rockyなど様々なジャンルの31曲もの楽曲たちが作中の登場人物やシーンが帯びている感情を代弁する役割を果たし、それらの隙間をトレント・レズナーとアッティカス・ロスによるオリジナルスコアが埋めて補完するというこれまでにない音楽と映像の関係を作り上げた作品になっている。

Frank Ocean、Kendrick Lamar、Kanye Westなどの楽曲が使用される映画『WAVES/ウェイブス』の予告編が公開

『ムーンライト』や『レディ・バード』、『ヘレディタリー/継承』など次々と話題作を発表して、ハリウッドに新風を吹き込む映画制作会社のA24。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。