D12のKunivaが少ない観客の前でライブをするときのアドバイスを行う

どんなアーティストもキャリアの初期にはガラガラの会場でライブをした経験があるものだ。少ない観客の前でライブをするときはどうしても心が折れそうになるものだが、Eminemも所属するデトロイトのヒップホップグループD12のメンバーKunivaがそんな時のためのアドバイスを行なっている。

KunivaはかつてグループのリーダーであったProofに聞いたという少ない観客の前でライブをするときの心得を自身のTwitterで公開。

「お前に乗ってくれてる奴だけに集中しろ。前にProofが少ない観客の前でライブをするときに言っていたことだ。“ここにいない奴のことは気にするな。ここにいる人たちは俺たちのために来てくれた。だから、俺たちはここにいる数人のために、数千人の前でやってるみたいにライブをするんだ。この人たちがお前らのサポーターだ”」という言葉からは、観客の人数よりもサポートしてくれる人に集中してライブを行うことが重要だということが分かる。

ライブに限らずアウェーな場で何かをしなければいけない機会が誰しもあるが、そういう時は自分に対してポジティブな反応を返してくれる人に集中した方が良い結果に繋がりそうだ。

これから人前に出る機会のある人は、Kunivaのアドバイスに耳を傾けてみてはいかがだろうか。

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。