Coachellaが今年のラインナップを発表 | Childish GambinoやTame ImpalaがヘッドライナーでPerfumeやBLACKPINKも出演

アメリカ最大級のフェスの1つ、Coachellaの今年のラインナップが発表された。4/12~4/14と4/19から4/21の2週間連続で同じラインナップで開催されるCoachella、今年は期待されていた通りにChildish Gambinoがヘッドライナーを務め、他の2日はTame ImpalaとAriana Ggrandeがヘッドラインで出演する。

以前ヘッドライナーとしてKanye WestやJustin Timberlakeの名前があがっていたがKanyeはCoachella側と契約面での折り合いがつかなかったという。

また他の出演者としてはSolangeやPlayboi Carti、Kid Cudi、Diplo、Juice WRLD、Khalid、YG、Anderson .Paakなどがラインナップされており、日本からはPerfume、韓国からはBLACKPINKが出演する。

related

Ariana Grandeが故Mac Millerについて「彼にとって音楽以上に大切なものは無かった」と語る

2018年に薬物の過剰摂取によって命を落としたMac Miller。生前の彼について、かつての交際相手であり先日はJustin Bieberとのコラボ曲”Stuck with U“をリリースしたAriana Grandeが語っている。

【レビュー】Childish Gambino『3.15.20』| 世界はまだまだChildish Gambinoが必要だ

2018年、“This is America ”でヒップホップアーティストとして初のグラミー最優秀レコード賞と最優秀楽曲賞の主要2部門(最優秀ラップサングパフォーマンス賞と最優秀ミュージックビデオ賞を含むと4部門)を制して歴史を書き換えたChildish Gambinoが、3/20に自分のサイトにストリーミング形式で4作目『3.15.20』を発表した。

Childish Gambinoがポップスからテクノまでを飲み込んだ問題作『3.15.20』をリリース

先週に自身のサイトで新作の先行ストリーミングを行なっていたChildish Gambinoが、昨日その新作『3.15.20』をリリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。