1 of 2018 Selected by 仙人掌

FNMNLの恒例の年末企画、今年は『1 of 2018』を展開。この企画はアーティストやDJ、デザイナー、ショップオーナーなど今年を彩った重要人物たちに、個人的に印象的だった出来事、楽曲、映画、本などから1つテーマを自由に決めてもらい紹介してもらうもの。ベストなものから中にはワーストなものも飛び出すかもしれない、この企画をきっかけにそれぞれの2018年を振り返ってみては?

MONJU/DOWN NORTH CAMPのメンバーでラッパーの仙人掌による2018年。

仙人掌の2018年の一番上がった出来事

映画『花と雨』の音楽監修

コメント

世代的にこの二人に自分が挟まれている事、違うジャンルのプロフェッショナルな方達と共にお仕事をさせて頂いた事が何より刺激になりました。松竹女史&TAKCOM監督にもシャウトっす。

2019年の告知

2019は音楽のみ。

仙人掌

MONJU/DOWN NORTH CAMPのメンバーでラッパー。

related

『CROSSING CARNIVAL'20-online edition-』にSTUTS、仙人掌、Dos Monos、TAMTAMなどが出演決定

CINRA.NET主催の音楽イベント『CROSSING CARNIVAL』は、5/16(土)に新型コロナウイルス感染拡大防止のためオンラインバージョンとして開催される。

仙人掌の2ndアルバム『BOY MEETS WORLD』のロゴTシャツが限定発売

仙人掌が2018年にリリースし、今夏LPとしてもリリースされる2ndアルバム『BOY MEETS WORLD』の新たなロゴを用いたTシャツが完全限定で発売される。

Mr.PUGが仙人掌とISSUGIをフィーチャーした新曲"Cloud10"をリリース

MONJUのMr.PUGが盟友の仙人掌とISSUGIをフィーチャーした新曲"Cloud10"を、4/21(火)にリリースする。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。