1 of 2018 Selected by SlyAngle (melting bot / WWWβ)

FNMNLの恒例の年末企画、今年は『1 of 2018』を展開。この企画ではアーティストやDJ、デザイナー、ショップオーナーなど今年を彩った重要人物たちに、個人的に印象的だった出来事、楽曲、映画、本などから1つテーマを自由に決めてもらい紹介してもらおうというもの。ベストなものから中にはワーストなものも飛び出すかもしれない、この企画をきっかけにそれぞれの2018年を振り返ってみては?

2017年より渋谷のライブ・スペースWWWにてクラブ・ナイトのプログラム『WWWβ』を始動、レギュラー・パーティ『Local World』を主宰するSlyAngleによる2018年のチョイス。

SlyAngleの2018年の喜怒愛楽

Mykki Blanco at K/A/T/O MASSACRE vol.158 Foreslimit

コメント

ジェンダーと音楽はここ数年の社会の大きな流れの中で様々なレイヤーで大きなトピックであり、その先駆け的な存在として認識していたNYのクィア・ラップで頭角を表したMykki Blanco。
僕は作品自体よりも存在自体への興味が大きかったというか、自分含めMykki Blanco実際どうなのよって人も多かったと思う。そして注目のライブは結果、そんな斜に構えた状況の中で不意をつかれた最高の出来事でした。

完璧な流れでMykki Blancoまで高まった会場のテンションから始まり、トラップ・ベースの楽曲を軸に圧倒的な怒りとエネジーでフロアをまくしたて、自分が持ってきた枕でピロー・ファイトもおっぱじめ、そこらへんにあるものをぶっ壊していく強烈なパフォーマンス、あれよあれよと会場全員を巻き込みながらカオスへと突入。何が凄いって、激しいセックスの後に訪れる甘い高揚感にも似た、最後は愛に満ち溢れた空間が出来上がっていたこと。これぞパーティ・マジック、マサカー神回でした。その外交的なエナジーとは対象的な内向的なBaleraci Park - Laraaji - at WWW Xのユニバーサルな愛も凄まじかった。愛だよ愛!間違いない是!

告知

今年の最後のビック・パーティです。WWWβを下地にWWWのダンス・ミュージックとは何ぞや!と言わんばかりにこれまでとこれからもプッシュして行きたい最高のラインナップでまた新しい幕開けを迎えます。
欧州、アジア、アフリカ、カリブ、そして日本のエレクトロニック・ダンス・ミュージックから成る、テーマの"Parallel Dynamics"(並行するエネルギー)を元に、水風呂とサウナのような各フロアの温度差を新しいダイナミズムとして感じてもらえれば嬉しいです。

今年の最後のビック・パーティです。WWWβを下地にWWWのダンス・ミュージックとは何ぞや!と言わんばかりにこれまでとこれからもプッシュして行きたい最高のラインナップでまた新しい幕開けを迎えます。
欧州、アジア、アフリカ、カリブ、そして日本のエレクトロニック・ダンス・ミュージックから成る、テーマの"Parallel Dynamics"(並行するエネルギー)を元に、水風呂とサウナのような各フロアの温度差を新しいダイナミズムとして感じてもらえれば嬉しいです。

SlyAngle [melting bot / WWWβ]

東京拠点。2011年よりレーベル/デュトリビューション/プロモーターとして〈melting bot〉を運営し、エレクトロニック/ダンス・ミュージックを軸にコンスタントに国内外のアーティストのリリースしながらイベントを開催する音楽ディレクター/DJ。2017年より渋谷のライブ・スペースWWWにてクラブ・ナイトのプログラム「WWWβ」を始動、レギュラー・パーティ〔Local World〕を主宰する。オルタナティブをアティテュード、リベラルなテクノの感性を下地とした質感と空間を美学とし、時代の背景と流れによって生み出されるラディカルでコンテンポラリーなサウンドとリズムを追い求める折衷主義者。

http://meltingbot.net
https://www.instagram.com/wwwb_shibuya

related

1 of 2018 Selected by ミツメ

FNMNLの恒例の年末企画、今年は『1 of 2018』を展開。この企画はアーティストやDJ、デザイナー、ショップオーナーなど今年を彩った重要人物たちに、個人的に印象的だった出来事、楽曲、映画、本などから1つテーマを自由に決めてもらい紹介してもらうもの。ベストなものから中にはワーストなものも飛び出すかもしれない、年は変わってしまいましたがそれぞれの2018年を振り返ってみては?

1 of 2018 Selected by 思い出野郎Aチーム

FNMNLの恒例の年末企画、今年は『1 of 2018』を展開。この企画はアーティストやDJ、デザイナー、ショップオーナーなど今年を彩った重要人物たちに、個人的に印象的だった出来事、楽曲、映画、本などから1つテーマを自由に決めてもらい紹介してもらうもの。ベストなものから中にはワーストなものも飛び出す...

1 of 2018 Selected by 嫁入りランド

FNMNLの恒例の年末企画、今年は『1 of 2018』を展開。この企画はアーティストやDJ、デザイナー、ショップオーナーなど今年を彩った重要人物たちに、個人的に印象的だった出来事、楽曲、映画、本などから1つテーマを自由に決めてもらい紹介してもらうもの。ベストなものから中にはワーストなものも飛び出すかもしれない、年は変わってしまいましたが、まだまだ各々の2018年を振り返ってみては?

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。