スウェーデンで開催予定だった女性だけの音楽フェスが性差別だとして法律違反に

通常の音楽フェスでは出演者のジェンダーバランスが男性に偏ることが多く、更には女性へのハラスメントが問題になるケースもある。そのような状況を打破するためにスウェーデンで女性限定の音楽フェス『STATEMENT Festival』の開催が予定されていたが、現在イベントに暗雲が立ち込めているようだ。

同イベントは「世界初の女性限定音楽フェス」と銘打ち、女性、トランスジェンダーの女性、ノンバイナリー(無性別)のみを対象として開催されることがアナウンスされていた。しかし、イベントの声明がスウェーデンの性差別法に抵触してしまい、裁判で有罪判決を受けてしまった。Guardianが報じるところによると、スウェーデンの差別相談委員会は「特定の人々がイベントに参加することを妨げている」という点でイベントを問題視していたという。委員会に所属するClass Lundstedt氏は取材に対し「音楽フェスにおける性的暴行は深刻な問題で、私たちはそれを正そうとしている。しかし、それは法律に違反する形で行われるべきではない」と、イベントの目的には共感するが方法に問題があることを指摘した。

主催者はこの判決を受けて「5000人の女性やノンバイナリー、トランスジェンダーの人生を変える経験が少数の男性によって失われてしまうのは悲しいことです。我々はSTATEMENT Festivalの成功を必要としており、それはこの判決によって変わるものではない。それ以外にコメントはありません。我々は世界を変えるのに忙しいのです」というコメントをFacebookにて発表しており、あくまでもイベント開催のために闘っていく意志を示している。

様々な格差や問題を是正するために企画された女性のための音楽フェスだが、果たして将来的に開催することは出来るのだろうか?

RELATED

男女差別問題を受けて45の音楽フェスが2022年までに出演アーティストの男女比を平等にすると公言

男性アーティストばかりの音楽フェスの時代がもう終わるかもしれない。45個のフェスが2022年までに出演アーティストの男女比を50:50にすると公約した。

アメリカの2017年のヒット曲における男女間の格差をテーマにした研究が発表

南カリフォルニア大学の研究機構、USC Annenberg Inclusion Initiativeが新たな研究を発表し、「2017年の音楽業界は男性に偏ったものであった」といった報告を出した。

ビヨンセ、マドンナ、ジョン・レジェンド、コールドプレイがジェンダー平等を求める公開状に署名

ビヨンセ、マドンナ、ジョン・レジェンド、コールドプレイがジェンダー平等(Gender Equality)の実現を求める公開状に署名した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。