1 of 2018 Selected by KM

FNMNLの毎年恒例の年末企画、今年は『1 of 2018』を展開。この企画ではアーティストやDJ、デザイナー、ショップオーナーなど今年を彩った重要人物たちが、個人的に印象的だった出来事、楽曲、映画、本などから1つをチョイスして紹介してもらおうというもの。それぞれのベストなものから中にはワーストなものも飛び出すかもしれない、この企画で2018年を振り返ってみては?

ヒップホップをベースにしつつジャンルに縛られないサウンドで知られる音楽プロデューサーで今年初めてのアルバム『FORTUNE GRAND』を9月にリリースしたばかりのKMが登場。

KMが2018年一番力を注いだ作品

『FORTUNE GRAND』

コメント

2018年9月に自身名義のファーストアルバムを、やっとリリースする事が出来ました。
今年の夏は、アルバム制作に並行してGottz君のアルバムに4曲、WILY WNKA君のアルバムに2曲、別名義で8曲…などなど。
まだ出ていない音源も多数ありますし、今も週に2~3曲のペースでずっと作っている感じです。
最近ではタイプビートを海外から買ってアルバムを作る事も普通になり、ここ日本でも、プロデューサーとして信頼を得るにも、世界標準なのが大前提になった時代です。
だから僕はアルバムを構想する段階から、とにかく「日本語Rap」に拘りました。トレンドは知った上で、日本人としての感覚と僕の好きな音色を、濃く作品に落とし込みたかったからです。具体的にはTrap styleではあるものの、展開も多く複雑で、より音楽的に(Instrumentalとしても)楽しめる内容を目指しました。そのおかげで、客演としても、YDIZZYから田我流まで、一枚のアルバムに自然に収まるという、「唯一無二の日本語Rapアルバム」になったと思います。ミックスとマスタリングまで、僕自身、一人でやっています。実は今聴き直した時点でも、既に未熟だったなと感じる部分がたくさん出てきてしまっているんですが、次に生かそうと思います。

このアルバムをチェックしてくださった全ての方々へ、本当にありがとうございました。

2019年の告知

引き続き色んなアーティストと曲を制作中ですし、また自身名義のアルバムという形でもリリースを重ねていくと思います!
次はさらにリミッターが外れた作品になると思うので、気にして頂けたら嬉しいです!

KM

音楽プロデューサー。
ヒップホップに根ざしたスタイルを保ちながらも、ジャンルという概念に縛られる事のない音楽性はリリースの度に話題となる。
kiLLa、BAD HOP、IO、Weny Dacillo、AKLO、JP THE WAVY、ECD、SKY-HI、FEMMなどと、すでに数多くの楽曲やRemixワークを世に送り出している。
2018年9月、自身名義のファーストアルバム “FORTUNE GRAND” リリースしている。

https://kmmusicworks.wixsite.com/kmmusic

RELATED

福岡のラッパーPEAVISが1stソロアルバムを10月にリリース|客演にはGottz、田我流、Daichi Yamamotoが参加

福岡のヒップホップクルーYelladigosのメンバーとしても活動するPEAVISが1stソロアルバム 『Peace In Vase』を10/24にデジタル先行でリリースする。

田我流がVaVa、C.O.S.A.、KMを招いたイベント『Big Wave』を11月に開催 | VaVaがプロデュースした"Cola"のミュージックビデオも公開

4月に7年ぶりの3rdアルバム『Ride On Time』をリリースし、WWW Xを含む4都市で単独ツアーを成功させた田我流が11/1(金)に東京・恵比寿リキッドルームで自主企画イベント『Big Wave』を開催する。

JUBEEがミクスチャー、ビッグビート、レイヴなどをコンセプトにしたイベントを開催 | KM、BAKU、GUCCIMAZE、SEX山口などが出演

Creative Drug Storeのメンバーで、ヒップホップを軸にミクスチャー、ビッグビート、レイヴなど90年代後半〜00年代初頭のストリートカルチャーや音楽を指向するJUBEEによるイベント、『Rave Racers』が10/18(金)に東京・中目黒ソルファで開催される。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。