Kodak Blackがインタビュー中に自身のレイプ容疑について触れられ席を立つ

金曜日にアルバム『Dying to Live』のリリースを予定しているKodak Black。複数の容疑で8ヶ月の間収監されていた彼がHot97のラジオ番組「Ebro in the Morning」に出演し、キャリア初となるインタビューに応じた。

インタビューはKodak Blackの歌詞、XXXTentacionとのコラボレーション、Cardi Bなど様々なトピックについて触れていたが、概ねピースフルな雰囲気で行われていた。しかし、司会のEbro DardenがKodak Blackのレイプ容疑について触れると空気が一変し気まずい雰囲気に。「事件に関わった人々にリスペクトがあるから、今日は詳細について聞かない。でも、俺たちはここに性的暴行犯を迎えているんだ、真剣に。詳細については話せなくても、それについてディープな会話が出来たらと思う。深刻な話題だから」と事件について話を聞こうとしたEbroだが、Kodakは複雑な表情で黙り込んでしまう。同じく司会を務めるPeter Rosenbergが空気を変えようとしたのか「君が関心を持ちそうだと思う話題に、月面着陸が陰謀だったという話がある。Kodak、1969年の月面着陸は本当だったと思う?」とジョークを飛ばしたことで一度雰囲気が和らぎかけたものの、Ebroが「俺がその話をしたから怒ったのか?」とあくまでもレイプ容疑についての質問を強行した。

Kodakは「たまに人がそういう話をしてくるとき、みんなが下らない嘘を楽しんでいるように感じるんだよ。話題を変えるか、そうしないなら帰る」と話題を変えるように頼んだが、Ebroは「他に話すことはない、ここで終わりだ」とインタビューを打ち切ってしまった。

彼は2016年に未成年の少女を強姦した容疑に問われており、2019年の4月に裁判が予定されている。事件の真偽は不明だが、Kodakはあくまでも無罪を主張しているようだ。

EbroはTwitterにて「俺はバランスを保った会話をしようとした。俺はあいつに不利になることは聞いていないのに、あいつはあんな態度をとるのか?」と主張しているが、動画を観る限りKodakを少し責め立てるような口調だったことも確かである。

こうして初インタビューが残念な結果に終わってしまったKodak Blackだが、今後彼とEbroの間に雪解けはあるのだろうか?

RELATED

Kodak Blackが裁判で銃器所持など複数の罪を認めたことが明らかに

今年5月、Rolling Loudに出演する直前にアメリカとカナダの国境で逮捕されたKodak Black。銃器所持や薬物所持など複数の容疑がかけられていた彼が今回、裁判で自身の有罪を認めたことが明らかになった。

21 SavageがKodak Blackの逮捕について「ラッパーはもっと自分の身を守らなければいけない」と語る

先日のRolling Loudに出演する直前に銃器を所持していた容疑で逮捕され、最大で10年の禁固刑を受ける可能性も浮上しているKodak Black。今年に入り警察沙汰や他のラッパーとのトラブルを数多く起こしてきた彼に対し、21 Savageがアドバイスを行なっている。

Rolling Loud前に逮捕されたKodak Blackが10年の服役に処される可能性

先日のRolling Loudに出演予定だったものの、会場入りの際に銃を所持していることが発覚しまたもや逮捕されてしまったKodak Black。そんな彼に、いよいよ重い刑罰を下される可能性が浮上しているようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。