WONKの荒田洸によるソロEP『Persona.』が本日リリース

先日12/3に恵比寿リキッドルームで開催されたワンマンライヴを大盛況に終えたWONK。その勢いのままにリーダーでドラムを務めている荒田洸が、ソロ作品『Persona.』を本日リリースした。

今作で荒田は自身初となるヴォーカルも務め、スウィートな声を響かせている。さらに先行シングル"Apartment"では、共作詞に若者を中心に圧倒的な支持を得るイラストレーターたなかみさきを迎え日本語の楽曲にも挑戦する。

また今作の演奏陣には、ジム・ホールやロン・カーターに学びジャズ界を牽引し続けるギタリスト井上智をはじめ、菅田将暉のサポートでも知られるベーシスト越智俊介、唾奇などとの客演でも知られるシンガーkiki vivi lily、EPISTROPHの同胞・安藤康平といった今まさに旬のアーティスト達がバックを固めている。

Info

『Persona.』

【トラックリスト】
01: Silent Heart
02: Apartment
03: Hypnotic Mess
04: Flood & Edge
05: Moon River

【作品情報】
販売価格:¥1,500 (+tax)
発売日:2018年12月12日(水)
発売元 : epistroph株式会社
レーベル : EPISTROPH
商品コード:EPST-015

RELATED

WONKが交流のあるアーティストを招いて行う一夜限りのイベント『WONK’s Playhouse』を今年も開催

2年ぶりの新作『Moon Dance』をリリースしたWONKが、昨年も開催したイベント『WONK’s Playhouse』が今年も恵比寿LIQUIDROOMで12/2(月)に開催されることになった。

WONKが新作EP『Moon Dance』から"Sweeter,More Bitter"のオーディオビジュアルを明日公開

WONKが2年ぶりにリリースした新作EP『Moon Dance』から"Sweeter,More Bitter"のオーディオビジュアルを明日8/9(金)の0時に解禁する。

【鼎談】冨田ラボ&WONK・江﨑文武と解き明かす新世代シンガーNazの魅力

19歳のシンガー・NazがEP『JUQCY』でデビューした。彼女がシーンに登場したのは2018年。冨田ラボのアルバム『M-P-C "Mentality, Physicality, Computer”』で“OCEAN”のシンガーとしてフックアップされた。冨田は「声を聴いてすぐに一緒に曲を作りたいと思った」と言う。FNMNLでは、Nazと、『JUQCY』をプロデュースした冨田恵一(冨田ラボ)、江﨑文武(WONK)の三人による座談会を実施した。プロデューサー二人の視点から見るNazの魅力、デビューEPの制作秘話、現在の音楽シーンを取り巻く状況など、自由に話してもらった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。