Lil Yachtyがデビューアルバム『Teenage Emotions』が酷評され心が折れたと明かす

GQの動画インタビューに登場したLil Yachtyは彼が2017年にリリースしたアルバム『Teenage Emotion』に対する厳しい批評を受けて、心が折れた事を認めた。

「とにかくビクビクしていたよ。メロディックなテイストで『Teenage Emotion』を作った。少しポップで、もしかしたらポップすぎたかな、みんなに全然気に入ってもらえなかったんだ。嘘だろ、全然ダメだったって。そしたら心が完全に折れちゃった」と周囲の反応に傷ついたとYachtyは明かす。

さらに彼は「みんなはいつも「お前が作るべきものだ」なんて言うけど、いざ作ったら、貶すんだよ。だからラップを始めて、このプロジェクトを進めてたら、評価は良くなったよ。だけどまだ「待て、どうしたんだ?」なんて言ってくる奴がいる。それでもEP『Yachty Forever』を出したんだ。」と批判に屈せずに活動を続けたことも加えた。

また、Podcast番組“No Jumper”の去年のインタビューではYachty は厳しい評価を受け、彼がメインストリームの音楽を作り始めたと言われることに対して自分の考えを表明した。

「確かにメインストリームに近づいた。それでも俺はクールにやろうとしたんだ。だけど、金を稼がなきゃいけなかったんだよ。」彼の言い分ももっともだが、ファンにとっては苦しい言い訳のように聞こえてしまうかもしれない。

アーティストとして活動していく上で、作品に対しての批評というのは免れない。今回のYachtyと同じことが『DAMN』をリリースする前のKendrick Lamarにもあった。批評がアーティストにとって活動の妨げとなってしまうのではなく、リスナーが音楽を聴く上での手助けとなるものであってほしいと願う。

RELATED

Lil Yachtyが高級レストランのメニューが気に入らずUber Eatsでマクドナルドをその場でオーダー

Lil Yachtyといえばデビュー当時はピザしか食べないとのたまうなど、偏食家として知られているが、高級レストランといえども彼の舌を満足させるのは中々に困難なようだ。

Lil Yachtyが「City Girlsの“Act Up”のリリックを書いたのは俺だ」と明かす

ラップのリリックを他のラッパーに書いてもらうことは、賛否両論あるもののそう珍しいことではない。今回、Lil YachtyがCity Girlsのヒット曲“Act Up”の歌詞を「俺が書いた」と主張していることが話題となっている。

Lil YachtyがBhad Bhabieの誕生日に5万3000ドルのチェーンをプレゼントする

独特のキャラクターとその若さで注目を集めたフィメールラッパーBhad Bhabie。その16歳の誕生日に、Lil Yachtyが驚くべきプレゼントを贈った。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。