Lil Durkが「俺は6ix9ineのようにはSNSを使わない」と語る

今月の頭にリリースした『Signed to the Streets 3』も話題となったLil Durkが、人気ラジオ番組の「The Breakfast Club」に出演。その中で、逮捕が話題となっている6ix9ineに言及している。

番組の司会に「6ix9ineのようなSNSの使い方についてどう思う?」と質問されたLil Durkは、「俺は絶対にあんな風には使わないよ」と、煽りや奇行のアピールのためにSNSを使わないと宣言。「何が起こってるか知ってるだろ。ヒップホップに警察が入り込んできて、音楽でトリップしてる奴らに近づいてるんだ。インターネットで何も言わないわけじゃない。宣伝してる」と語る彼は、SNSをあくまでプロモーションのための道具として捉えているようだ。

6ix9ineのInstagramアカウントが裁判の証拠として使用されようとしていることが伝えられているが、Lil Durkの言う通りSNSを宣伝にのみ用いていればもしもの時に安全だろう。「俺はキッズと問題を起こしたりしない。誰も刑務所に入って欲しくないんだ。それがどんな敵であっても。6ix9ineが刑務所から出られて、安全でいられることを願ってる」と語る彼の考え方は、6ix9ineとは対照的なものである。

SNSでの奇行によって名前を売ろうとするラッパーは数多く存在するが、6ix9ineの一件を通してシーン全体でSNSのモラルを考え直そうという動きがこれからも広がっていきそうだ。

RELATED

PnB Rockが今後一切6ix9ineの楽曲を聴かないと宣言

先日、ニューアルバム『TrapStar Turnt PopStar』をリリースしたPnB Rock。以前には、自身が現在のヒップホップシーンでソングライターとして5本の指に入ると発言し話題を呼んだ彼だが、そんな彼が今回、自身のTwitterにて今後一切6ix9ineの楽曲を聴かないことを宣言した。

6ix9ineの共同被告人11人の内7人が罪を認め減刑への期待が高まる

昨年11月に9つの罪で逮捕され、自身の所属するギャング「Nine Trey Blood Gang」の仲間を売った事で減刑される方向へと進んでいる6ix9ine。そんな彼と共に逮捕され、共同被告人となっている11人の内、7人が現時点で罪を認めている。

6ix9ineを世に出したスロバキアのレーベル「FCK THEM」の創設者が彼との関係やビジネスの戦略について語る

昨年より発覚した9つの罪によって未だに拘留を受け続けている6ix9ine。そんな彼のヒットのきっかけとなったシングル“GUMMO”のMVを世に出し、キャリアの初期からサポートを行ってきたスロバキアのレーベル「FCK THEM」の創設者が、いかにして6ix9ineと共にビジネスを行ってきたかについて語っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。