Lil Durkが「俺は6ix9ineのようにはSNSを使わない」と語る

今月の頭にリリースした『Signed to the Streets 3』も話題となったLil Durkが、人気ラジオ番組の「The Breakfast Club」に出演。その中で、逮捕が話題となっている6ix9ineに言及している。

番組の司会に「6ix9ineのようなSNSの使い方についてどう思う?」と質問されたLil Durkは、「俺は絶対にあんな風には使わないよ」と、煽りや奇行のアピールのためにSNSを使わないと宣言。「何が起こってるか知ってるだろ。ヒップホップに警察が入り込んできて、音楽でトリップしてる奴らに近づいてるんだ。インターネットで何も言わないわけじゃない。宣伝してる」と語る彼は、SNSをあくまでプロモーションのための道具として捉えているようだ。

6ix9ineのInstagramアカウントが裁判の証拠として使用されようとしていることが伝えられているが、Lil Durkの言う通りSNSを宣伝にのみ用いていればもしもの時に安全だろう。「俺はキッズと問題を起こしたりしない。誰も刑務所に入って欲しくないんだ。それがどんな敵であっても。6ix9ineが刑務所から出られて、安全でいられることを願ってる」と語る彼の考え方は、6ix9ineとは対照的なものである。

SNSでの奇行によって名前を売ろうとするラッパーは数多く存在するが、6ix9ineの一件を通してシーン全体でSNSのモラルを考え直そうという動きがこれからも広がっていきそうだ。

related

6ix9ineとAkonがInstagram上でバトルを開催|自身を批判してきたSnoop Doggへの煽りも行う

4月頭に釈放され、今月に入ってから新曲をリリースしSNSでの煽りも再開するなど活動を活発化させている6ix9ine。そんな彼が、ベテランR&BシンガーのAkonと突如Instagramライブでバトルを開催すると発表した。

6ix9ineが子供たちの支援団体に20万ドルの寄付を申し出るも拒否される

4月頭に釈放され、先週末には新曲のリリースを大々的に告知したことで話題を呼んだ6ix9ine。そんな彼の意外な一面としてチャリティに熱心であることが知られているが、今回、彼の新たなチャリティ活動が一騒動を巻き起こしている。

6ix9ineが新曲の広告をNYのタイムズスクエアに打ち出す

9つの罪に問われて収監され、その後ギャング仲間の余罪を密告するなどの司法取引を経て減刑を勝ち取り、また新型コロナウイルスの影響で予定より早く釈放されることに成功した6ix9ine。釈放後しばらくは大人しくしていた彼だったが、遂にというべきか本格的な活動を再開するようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。