AWA × FNMNL コラボレーションプレイリスト Vol.4│『Wasted City』

8月から始まった、日本生まれの音楽プラットフォームAWAとFNMNLのオフィシャルコラボプレイリスト。

第4弾となる今回のテーマは『Wasted City』。先日、待望の来日公演を成功させたAlvvaysとBoy Pabloの2組を始め、再び全盛期を迎えつつあるインディーポップの楽曲をセレクトした。

Yellow DaysやHer’s、Roy Blairのようにヒップホップの影響を受けた新世代のアーティストや、Snail Mail、Hazel English、Hovvdy、田中ヤコブなどエモーショナルなギターロックまで幅広く収録。さらに現在のインディーシーンのルーツとなった往年のアーティストたちまでカバーし、日米のインディーやローファイの系譜を一望できるプレイリストにもなっている。

いよいよ冬本番。虚無感とセンチメンタルな感情の両方に寄り添うインディーポップは、気分が落ち込みがちなこの季節にぴったりのサウンドトラックになるはずだ。ぜひとも寒空の下でコーヒーでも飲みながら、このプレイリストを聴いてみてはいかが?

Info

AWA ダウンロードURL:
https://mf.awa.fm/2QmMV63

RELATED

Kvi BabaがAWAでプレイリスト『Color Of My Eyes』を公開

Kvi Babaが音楽ストリーミングサービスAWAでプレイリスト『Color Of My Eyes』を公開した。

AWA × FNMNL コラボレーションプレイリスト Vol.9 | 『Beats for New Life』

昨年よりスタートした、日本生まれの音楽プラットフォームAWAとFNMNLのオフィシャルコラボプレイリスト。

Dos MonosがAWAでプレイリスト『ドスシティの住人』を公開

3月にデビューアルバム『Dos City』をリリースしたばかりの荘子it(ラッパー/トラックメーカー)、TAITAN MAN(ラッパー)、没(ラッパー/DJ)の3人からなるヒップホップユニットDos Monosが、AWAでプレイリスト『ドスシティの住人』を公開した。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。