DIGAWELがオフィスウェアをテーマにしたPOP UPを社食堂で来週開催

11/23の勤労感謝の日から3日間、DIGAWELがオフィスウエアをテーマにしたPOP UPを東京・代々木上原のサポーズデザインオフィス社食堂で開催する。

このPOP UPでDIGAWELは、ネットに常に接することで生活空間と仕事のための空間が流動化している現代のスペースのあり方に着目。曖昧なままに流通しているライフとワークがあやうい同居を続けるこのスペースを仮にオフィスと呼び、このスペースにふさわしいアイテムを展開する。

販売されるのはウェアや雑貨、 そして吉田カバンとのコラボバッグやポーチとなる。ほかにはSCOSからレアなステーショナリーが、 またTOXGOからはテーマに則ったセレクションの古着も届く。

また会場の社食堂を保有するサポーズデザインオフィスが空間構成を担当し、テーマに関連したフード/ドリンクも楽しめる。

Info

2018/11/23(金)~11/25(日) 12:00~19:00 東京都渋谷区大山町18-23 サポーズデザインオフィス社食堂 03-5738-8480

related

DIGAWELの毎年恒例のレザーグッズの期間限定色が発売 | 今年は鮮やかなカラーリングのGARSON PURSE

DIGAWELから毎年ホリデーシーズンに発売されるレザーグッズの期間限定色が12/5(土)に発売される。

心底好きなものだけを追求するカルチャーレーベル『BLANKMAG』のPOP UPが代官山 蔦屋書店で開催

独自な視点でセレクトした情報を発信し、実態も謎のままアートやファッションシーンを中心に話題となっているカルチャーレーベルBLANKMAGが、代官山 蔦屋書店で9/12(土)からPOP UPを開催する

DIGAWELがFALL/WINTER 2020 collectionのLOOKを公開 | 90sストリートやフレンチトラッドがイメージソースに

DIGAWELがFALL/WINTER 2020 collectionのLOOKを公開した。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。