AWA × FNMNL コラボレーションプレイリスト Vol.3 |『Danceable』

8月から始まった、日本生まれの音楽プラットフォームAWAとFNMNLのオフィシャルコラボプレイリスト。

第3弾となる今回のテーマはダンサブルな楽曲。ハウスやテクノなどのダンスミュージックシーンの楽曲はもちろん、近年ヒップホップシーンでも再びダンスミュージックの要素が入ったハイブリッドなトラックが増えてきている。

今回はVaVaやGottzなどによるダンスチューンからJun Kamoda、Folamour、Mall Grabなど新世代のハウスの旗手たちなど、現在のフロアには欠かせない楽曲をチョイスしている。

RELATED

Dos MonosがAWAでプレイリスト『ドスシティの住人』を公開

3月にデビューアルバム『Dos City』をリリースしたばかりの荘子it(ラッパー/トラックメーカー)、TAITAN MAN(ラッパー)、没(ラッパー/DJ)の3人からなるヒップホップユニットDos Monosが、AWAでプレイリスト『ドスシティの住人』を公開した。

AWA × FNMNL コラボレーションプレイリスト Vol.8|『UK's Finest for Freshers』

昨年よりスタートした、日本生まれの音楽プラットフォームAWAとFNMNLのオフィシャルコラボプレイリスト。

新プロジェクトBOTTをスタートさせたグラフィックデザイナーのTEITOがAWAでプレイリストを公開

グラフィックデザイナーのTEITO(テイト)がAWAでプレイリスト『AT MIDNIGHT』を公開した。このプレイリストはTEITOが実際に選曲をし、ジャケットは今回のためにデザインしたもの。 1993年生まれのTEITOは文化服装学院に入学後、グラフィックデザインを始め、2016年にブランド...

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。