50 Centが宿敵Ja Ruleのライヴチケットを200枚買い占め故意に空席を作る嫌がらせを行う

煽りが上手い人間が注目を集めているヒップホップシーンの中でも、最強の1人である50 Centがビーフ中のJa Ruleに対し巧妙な嫌がらせを行っている。

#50cent bought a whole bunch of #jarule tickets on Groupon

DJ Akademiksさん(@akadmiks)がシェアした投稿 -

10年以上も敵対関係が続いている2人だが、50 CentはJa Ruleのライヴのチケットが売れ残り15ドルで販売されていたのを目撃したようで、最前列から200席を買い占めたとInstagramで報告。もちろんこの200席は誰も座る予定がないもので、Ja Ruleは一番の特等席が空いているところをみながらライヴをしなければいけないという、アーティストにとってはとんでもない苦痛を味わうことになる。

Ja Ruleは先月もNYでのライヴをキャンセルする事態となっていて、その際にも50 Centは「お前のライヴなんて誰も見たくないんだよ」と攻撃していた。

This look fits you Ol ho ass nigga... @50cent 😂🤣😭

JaRuleさん(@ruleyorkcity)がシェアした投稿 -

Ja Ruleは50の攻撃に対して、彼の女装写真をSNSにアップし反撃を試みているが、どちらが優勢かは火を見るより明らかだろうか。

RELATED

Ja Ruleが大失敗に終わった『Fyre Festival』の2回目の開催をほのめかす

2017年に開催され大失敗に終わった音楽フェス『Fyre Festival』。その実態を追ったドキュメンタリーもNetflixなどで配信されており、多くの非難が集まった。そんな中、主催者の1人であるJa Ruleが『Fyre Festival』第2弾の開催をほのめかした。

NBAのハーフタイムショーにJa Ruleが出演するも全く盛り上がらず選手がウォームアップを開始

2月23日に行われたNBAのミネソタ・ティンバーウルブズ対ミルウォーキー・バックスの試合のハーフタイムショーにJa Ruleが登場。しかし、ショーがあまりにも酷い内容だった事が明らかとなった。 #Bucks halftime is going well #90sNight #JaRule pi...

大失敗した『FYRE Festival』の主催者Ja Ruleが新たなブッキングアプリ『ICONN app』をローンチするも不信の声が高まる

先日Netflixにて公開されたドキュメンタリー『FYRE/夢に終わった史上最高のパーティ』によって再び注目が集まった音楽フェス『FYRE Festival』。伝説的な大失敗に終わった同イベントの主催者の一人であるラッパー・実業家のJa Ruleが新たにアプリを開発したことが話題となっている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。