Cardi BがASMRに挑戦

YouTubeには日夜様々なジャンルの動画が投稿されているが、その中にニッチながらも根強い人気を誇ってきた「ASMR」というジャンルが存在する。

ASMRとは「Autonomous sensory meridian response(自律感覚絶頂反応)」という意味で、囁き声や様々な物から発せられる音をバイノーラル録音という特殊な技術で録音し、実際にその音を近くで聴いているかのような心地良い感覚を味わうことが出来るものだ。近年知名度をじわじわと上げつつあるジャンルだが、なんと今回あのCardi BがASMRに挑戦している。

Cardi BによるASMR動画はW Magazineが企画したもの。2本のマイクの前に座ったCardi Bはまず「okkurrr...」などの口から出る意味の無い音を聴かせ、マイクを指で撫でながら囁き声で様々な話をしている。話の合間にも破裂音や人力ディレイ、ネイルタッピングといったASMRではポピュラーな技術を披露しており、彼女が相当ASMRを勉強したことがよく分かる。「私はASMRが大好き。眠るために毎晩観てる。夫には変な風に思われてるけど」と語っていることから、Offsetは彼女がASMRにハマっていることに理解を示していないようだ。

タオルや子どもようの玩具などを触りながら自身の曲や生活について話すCardi Bはややシュールだが、まるで彼女が耳元で直接語り掛けてきているような感覚を味わうことが出来る。

毎晩寝苦しい夜を過ごしているCardi Bのファンは、彼女のASMR動画を観て心地良い眠りに就いてみてはいかが?

RELATED

「Nicki Minajとの仲直りはあるか?」と尋ねられたCardi Bが沈黙のまま不敵な笑みを浮かべ続ける

今月12日に開催されたイベントSwisher Sweets Artist ProjectでVarietyがCardi Bに対してインタビューを行った。その中でインタビュアーは、去年からビーフ状態にあるNicki Minajとの関係に踏み込んだそうだ。

Cardi Bが「ここ2年間自分が自分じゃなかった気がして悲しい」と語る

今やアメリカの音楽シーンを代表するスーパースターとなったCardi B。チャート上の記録も数多く打ち立て絶好調とも言えるキャリアを歩んでいる彼女だが、スターでいることに苦しみも抱えているようだ。

Cardi Bが自身のキャッチフレーズ「Okurrr!」を商標登録へ

Jay-Zならば「Hov!」、Lil Pumpならば「Eskeetit!」など今も昔も人気ラッパーは自身のトレードマークともいえるキャッチフレーズを持っていることが多い。また、そのキャッチフレーズはリスナーに自身を印象づける強力な武器にもなる。今では大人気フィメールラッパーとしての地位を確立したCardi Bも「Okurrr!」という特徴的なキャッチフレーズを持っているが、そんな彼女が「Okurrr!」を商標登録しようと動いているようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。