SoundCloud上の楽曲がDJでもプレイ可能に

昨日、現在オランダで行われているAmsterdam Dance Eventにて、ストリーミングプラットフォーム大手のSoundCloudがDJソフトウェア企業との業務提携を発表した。

今回SoundCloudが提携を発表したのは以下の6社だ。
・Native Instruments
・Serato
・Virtual DJ
・DEX3
・Mixvibes
・DJuced/Hercules

そして、これに付随する新機能も同時に発表された。
その新機能というのが、SoundCloud上の楽曲やミックスを上記の企業のDJ用ソフトウェアで再生できるようになるというもの。
しかし、あくまで、この新機能は、SoundCloudの有料バージョンであるSoundCloud Go+のユーザー対象とのことだ。
この発表にあたり、SoundCloudのCEOであるKerry Trainorは
「これまで、DJのデジタルでのプレイはダウンロードかフィジカルメディアに限られていたが、これからはストリーミングでも可能になる。」とこの提携によってDJの作業の幅を広げることができると語っている。

今回のパートナーシップによってSoundCloud上にある2億ものトラックが簡単にDJ用ソフトウェアで再生できるようになるので、DJやプロデューサー達は大助かりなこと間違いないだろう。

SoundCloudのオフィシャルブログにもこれらのことについて書かれている。

 

RELATED

Lil Pumpが「俺がいるからSoundCloudが存在している」と主張

先日は自身を「史上最もリリカルなラッパー」であると発言するなど煽りには定評のあるLil Pumpが、またしても突拍子もない主張を行なっている。

SoundCloudがユーザーが自身の楽曲をApple MusicやSpotifyに配信できる新機能を追加

昨年には、DJ用ソフトウェアで楽曲を再生できる機能を発表し、大きな話題となったSoundCloudが更なる新機能を追加することを公式ブログで発表した。その新機能というのが、SoundCloudの有料版であるSoundCloud Pro、SoundCloud Pro Unlimitedのユーザーであれば登録料として、SpotifyやApple Musicなど他のストリーミングサービスに直接自身の楽曲を配信できるというものだ。

OG Macoが自身のSoundCloudのアカウントを2000ドルで売ると宣言

2018年をもって、音楽活動から引退をしたラッパーのOG Macoが自身のSoundCloudアカウントを2000ドル(約22万円)で売ると宣言した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。