A$AP Rockyが13歳の頃に初めて乱交パーティをしたと明かす

今年、ニューアルバム『TESTING』をリリースし、Under Armourとのコラボスニーカーを発表するなど相変わらずファッション方面での活躍も目立つA$AP Rocky。

そんな彼は今回、男性ファッション誌Esquireのインタビューに登場。
自身の少年時代について語った

なんとRockyは13歳の頃に初めて乱交パーティをしたとインタビューで明かしている。
「13歳のころだね、うん。俺はニューヨークに住んでた。父親がドラッグで捕まってたから、母親が俺らをホームレスシェルターに移動させたんだ。俺らの学校はそこから3ブロック離れたところにあったんだけど、お昼ご飯を外で食べることを許されてたんだよ、45分間ね。俺たちはエレベーターで屋上まで行って、皆コートを地面に置いたんだ。そこには5人の女の子と10人くらいの男がいたかな。それで俺たちは全員で交代しながらやったんだ」とあっさり明かしている。

なんとも衝撃的な話だが、今のRockyのライフスタイルをみると、彼らしいといえなくもない。とはいえ、13歳というのは日本ならば中学1年生であり、早すぎるという感じもする。Rocky以外のラッパーも、このような少年時代を送っていたのか気になるところだ。

RELATED

マスクをかぶってライヴをするA$AP Rockyに替え玉疑惑が浮上

アルバム『TESTING』のリリース以来、マスクを被ってライブをするパフォーマンスを行なっているA$AP Rocky。しかし今回、そのマスクが災いして思わぬ疑惑をかけられることとなってしまったようだ。

A$AP Rockyがグラミー賞のプレパーティでTravis Scottに間違えられる

A$AP RockyとTravis Scottといえば、現在のシーンを代表するスタイリッシュなラッパーである。何かと比較されることも多い二人だが、今回のグラミー賞のプレパーティでA$AP RockyがTravis Scottと間違えられる珍事が発生してしまったようだ。

A$AP Rockyが「もしSoulja Boyがいなかったら、自分は存在しなかっただろう」と語る

Soulja Boyといえば“Crank That”をはじめ、インターネットを武器にのし上がったラッパーの先駆け的存在である。そんな彼に対し、A$AP Rockyがリスペクトを送っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。