SUMMER SONIC 2018の特番が本日放送 | 木村太一によるドキュメンタリームービーも公開

Chance The Rapper、Jorja Smith、Higher Brothers、Rex Orange Countryなどなど、FNMNLでも注目しているアーティストが勢揃いし、素晴らしいパフォーマンスを見せてくれたSUMMER SONIC 2018。すでに来年のラインアップなども気になるところではあるが、2018年のSUMMER SONICを振り返る番組がWOWOW、MUSIC ON! TVにて本日放送される。

サマソニ2018の「激アツステージ」を凝縮して放送する番組の放送発表に合わせて、気鋭の映像作家、木村太一によるサマソニ2018のドキュメンタリームービーも公開された。

FNMNL読者にはすでにおなじみであろう、ロンドン在住の映像作家。2016年にBOILER ROOMで映像作品『LOST YOUTH』を公開し、YDIZZY、Nulbarich、Crossfaith、Chase & StatusのMVや、水曜日のカンパネラをフィーチャーしたApple Musicの作品を手がけるなど、国内外の存在感を高めている。

SUMMER SONICは、そんな彼に白羽の矢を立て、ドキュメンタリーの制作を依頼。スローなスタートでおや?と思うが、次第にテンポアップしていき、フィナーレを美しく迎える映像は、サマソニに行った人ならずとも鳥肌が立つだろう。音楽フェスの旨味を凝縮した作品になっている。

ドキュメンタリームービーと特番をチェックしつつ、来年のアナウンスを待とう。

 

 

Info

放送詳細
『MARINEステージSPECIAL』 DAY-1 & DAY-2
10/8(月・祝)[WOWOWプライム]
午後1:00~DAY-1
午後3:00~DAY-2 『MESSE SPECIAL』 ※SONICMANIA含む

10/8(月・祝)[WOWOWライブ]
午後5:00~ 『RAINBOWステージSPECIAL』 DAY-1 & DAY-2

10/13(土)[MUSIC ON! TV]
午後8:00~ DAY-1
午後10:00~ DAY-2

“SUMMER SONIC 2018 Documentary Movie”
Directed by Taichi Kimura http://www.taichikimura.com/
Produced by CEKAI

SUMMER SONIC 2018 Official site http://www.summersonic.com/2018/

related

Chance The Rapperと裁判中の元マネージャーが『The Big Day』を「質の低いフリースタイルアルバム」と酷評

昨年リリースのアルバム『The Big Day』以来まとまった作品をリリースしていないChance The Rapper。彼の人気を不動のものとした2016年のミックステープ『Coloring Book』と比べやや賛否両論の評価を受けた同作だが、現在彼と裁判中である元マネージャーが『The Big Day』を酷評し話題を呼んでいる。

Summer Sonicの20年に渡る歴史で生まれたハイライト映像を公開 | The 1975、Cornelius、Calvin Harris、Daft Punk、電気グルーヴ、James Brown、星野源などが登場

Summer Sonicが20年に渡る過去の貴重なライヴ映像を一挙公開する『Summer Sonic Highlights on YouTube』を、11/27(金)と11/28(土)に配信する。

バイデン候補の次期大統領当確の報道にアーティストたちの様々なリアクション

トランプ大統領のクレームなどにより、バイデン候補の有利で進んでいたにも関わらず、中々当選確実の一報が出なかったアメリカ大統領選挙。本日未明にアメリカの報道各社が一斉にバイデン候補の当確のニュースを出した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。