PharrellがThe Neptunesのヒット曲“Frontin'”はPrinceのために書いた曲だったと述べる

Chad HugoとのThe Neptunesや、もちろんソロでも多くのヒット曲を生んでいるPharrellが、Clash Magazineのインタビューに登場し他のアーティストとのコラボワークについて語っている

Pharrellは、「コラボレーションは常に僕のDNAの一部だ」と述べており、「僕のヒット曲は全て誰かと一緒にやったか、他の人のために書いた曲だ」と語っている。

さらにPharrellは興味深い事実として、「正直に言うと、結果として僕が自分でやることになった曲も、ほとんどは最初は他の人のために書かれたものなんだ」と明かし、「“Frontin'”はPrinceに書いた曲で、"Happy"はCee Loに書いたものだよ」と語った。

"Happy"がCee Loに書かれたものだというのは以前から語っていたことだが、2003年の大ヒットチューン“Frontin'”が実はPrinceのために書かれた曲だというのは驚きだ。しかし想像してみると確かにあのトラックとPrinceの美声はとても相性が良さそうな気がする。Pharrellは自身のバージョンも気に入っているというが、やはり想定して書いたアーティストのバージョンの方が、より良かっただろうとも語っていて、Pharrellのプロデューサー気質が垣間見えるインタビューとなっている。

related

Princeの未完の自伝『The Beautiful Ones』の邦訳版が命日である2020年4月21日にDU BOOKSから発売

執筆の最中に訪れた突然の死によって未完に終わっていたPrinceの自伝『The Beutiful Ones』。その後Prince自身が生前に指名していたライターであるダン・ピーペンブリングの手に引き継がれ完成された同書の待望された邦訳版が、2020年4月21日にDU BOOKSから発売される。

Glastonbury FestivalのオーガナイザーがKanye Westをブッキングした事によって殺害予告を受けた事を明かす

イギリス最大級のフェス、Glastonbury FestivalのオーガナイザーであるEmily EavisがKanye Westをブッキングした事によって殺害予告を受けた事をMixmagのインタビュー内で明かした。

【コラム】Prince 『Anthology: 1995–2010』| 後追い世代から見るPrinceの巨大さ

私が生まれたのは1987年で、Princeが9枚目のアルバム『Sign o' the Times』をリリースした年だから、Princeの音楽に関しては後追いもいいところ(ミーハーなことを言うと6月生まれの双子座でPrinceと一緒!)。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。