Glastonbury FestivalのオーガナイザーがKanye Westをブッキングした事によって殺害予告を受けた事を明かす

イギリス最大級のフェス、Glastonbury FestivalのオーガナイザーであるEmily EavisがKanye Westをブッキングした事によって殺害予告を受けた事をMixmagのインタビュー内で明かした。

先月、新作『Jesus Is King』をリリースしたKanyeは2015年にGlastoのヘッドライナーとして登場したが、Glastoにラッパーは出演するべきではないとする批判の声が相次いだ。そして、このブッキングに対してEmilyは殺害予告を受けるに至ったようだ。

Glastoの50周年を祝う書籍の中で、父親のMichaelと共にフェスを運営しているEmilyは「あの年に私たちが受けた批判は凄まじいものでした。そして、そのうちの大部分が極めてパーソナルなものでした。人々は私が(Kanyeを)ブッキングしたと知っていたので、批判は明らかに私をターゲットにしたものでした。私はこれまでと違う事をしている、と常に創始者の子供として批判されるのです。SNS上では非常に不快な思いをするので、私はそれらに対して強くならなければいけませんでした。」と語っている。

また、「みんなを喜ばせることはできません。嫌いな人ほど声を荒げる傾向があります。しかし、最終的にはKanyeにとってはうまくいきました。」と批判を受けながらも、最終的にフェスを成功へと導いた事を明かした。

さらにEavisは、2014年にPrinceがヘッドライナーになる予定だった事を語った。「2013年末のある晩、私は夫のニックと一緒に農家から丘を登っていました。私は(Princeからの)待望のメールを受け取った時の場所を正確に覚えています。そしてメールにはPrinceが出演を承諾した事が記されていました。」と、当初はPrinceの出演交渉は成功していたという。

「しかし数日後、私たちはPrinceから気が変わったという旨のメッセージを受け取りました。理由の一つとして、新聞社がPrinceの出演を一面に掲載した事でした。これは初めてではなく、毎年のようにLed ZeppelinやPink Floydなどで同じように噂話を流すのです。Princeの弁護士は私たちがフェスのプロモートのために噂を新聞社に提供したのだと考えたのでしょう。」と、Prince出演が叶わなかった事を語った。

RELATED

Kanye Westが全身を銀色に塗ってオペラに出演

ニューアルバム『JESUS IS KING』に続き、Sheck Wes主演のオペラ『Nebuchadnezzar』を上演したKanye West。そんな彼が第2弾となるオペラ『Mary』を先週末にマイアミで初演。その際、全身を銀色に塗って舞台に登場したことが話題となっている。

Princeの未完の自伝『The Beautiful Ones』の邦訳版が命日である2020年4月21日にDU BOOKSから発売

執筆の最中に訪れた突然の死によって未完に終わっていたPrinceの自伝『The Beutiful Ones』。その後Prince自身が生前に指名していたライターであるダン・ピーペンブリングの手に引き継がれ完成された同書の待望された邦訳版が、2020年4月21日にDU BOOKSから発売される。

Kanye Westが『Mary』と題された新作オペラの上演をアナウンス

アルバム『JESUS IS KING』をリリースし、先日は『Nebuchadnezzar』と題されたオペラの上演も行ったKanye West。そんな彼が、矢継ぎ早に新作オペラの上演に向けて動き出しているようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。