X-girl × YURINO|WANNA BE RICH

ガールズアーティスト「E-girls(イーガールズ) /Happiness(ハピネス) /「スダンナユズユリー」のパフォーマーであり、ミレニアル世代のファッションアイコンとして支持を誇る 「YURINO(ユリノ)」と「X-girl」とのコラボレーションアイテムが、8月30日(金)より、全国のX-girl、XLARGE/X-girlの店舗およびオンラインストアにて限定発売されている。本コラボレーションは第2弾で、「お金持ちになりたい!」という意味の「 WANNA BE RICH(ワナ ビー リッチ) 」がテーマ。YURINO自身が大好きな海外アーティストやセレブのファッションスタイルをイメージさせるアイテムを展開し、ユニークでエッジの効いたコレクションとなっている。今回X-girl原宿で行われたローンチパーティーにて、YURINOにインタビューを行った。

取材・構成:島田 舞
写真:Cho Ongo

- コレクションを作る際に、作りたいもののイメージやインスピレーションはどこから得ていますか?

YURINO - 普段から私、めちゃくちゃInstagramとか見てて、そこからが一番影響が大きいですね。

- 参考にしているインフルエンサーはいますか。

YURINO - インフルエンサーだったらKylie Jennerとか、海外セレブをめっちゃチェックしてます。今回のコレクションも「私もリッチになりたい!」テーマなんです。普段から、目についてかわいいと思った投稿はスクショしたり保存したりしてますね。

- コレクションのアイテムは、色合いだったりシルエットだったり、エッジーなテイストのものが多いですが、着こ
なしのポイントは何でしょうか。

YURINO - 着こなしのポイントというか、とりあえず着てみて欲しいです!私自身こういうテイストのお洋服が好きなので。私もこういうのが着たいとか、こういうの探してた!ていうのを今回X-girlさんと一緒に作らせて頂きました。結構攻めたテイストのもあると思うんですけど、是非チャレンジしてみて欲しいです。ファッションは何でもありだと思うので!

- 今回のコレクションの中で一番こだわったアイテムは何でしょうか。

YURINO - えー何だろう!ん~、Tシャツかな。自分の顔のプリント入れて、HIPHOPの昔のTシャツみたいにしました。

- ギャングスタみたいな感じの。

YURINO - そう!もうちょっとキラキラできますかとか、スタッフの人と何回もやり取りして細かくお願いして作ったので、出来上がったときはめちゃくちゃ感動しました。最初は遊び半分で、こういうのやってみたいんです!って感じだったんですけど、一番大変でした(笑)前回のコラボでもプリントTシャツが一番反響があったので、今回は面白いかなと思って自分の顔をいれてみました。

- 今回のコレクションにて「WANNA BE RICH」をテーマにディレクションをされていますが、YURINOさんが考える理想のお金持ち像はありますか。

YURINO - 今回ロンTを作ったんですけど、バックプリントに自分のリッチガールのチェックリストをプリントしてて。これが理想のリッチ像です。愛すべき家族がいて、かっこいいパートナーがいて、ビーチハウスがあって、ジュエリーめっちゃつけてて、ファーストクラスにいつも乗ってるとか。でも、心は変わらないっていう。想像してるだけなんですけど(笑)

- なるほど、今のお話に加えて「WANNA BE RICH」というテーマはHIP HOP的なマインドに通じると思うのですが、普段からHIPHOPを聴かれるのでしょうか。

YURINO - はい、HIPHOP大好きです!アーティストだと、女の子だとRihannaが大好きで、後はKendrick Lamarとか、色々聴きます。Kanye Westが一番大好きです。皆ファッションが音楽と繋がっているので、おもしろいなって。

- ちなみに国内だと好きなHIPHOP系のアーティストはいますか。

YURINO - 日本だと、Awichさんとか。めっちゃかっこいいなって。

- ありがとうございました。

info
YURINO
https://www.ldh.co.jp/management/sudannayuzuyully_yurino
Instagram

X-girl
https://x-girl.jp
Instagram

related

16歳のアーティストLudioと注目プロデューサーPuckafallによるEP『Canʼt Deny』がリリース

Tim Pepperoniの最新EPへも参加していた16歳のアーティストLudioと様々なラッパーへのビート提供で知られるプロデューサーのPuckafallによるEP『Canʼt Deny』が、本日1/27(木)にリリースされた。

Tohjiが新作『broken ep』をサプライズリリース

大事故から無傷で生還を果たしたTohjiが新作『broken ep』を発表した。

ralphがニューシングル“Cold Game”をリリース

昨年はミックステープ『24oz』をリリースし、12月には自主企画のリリースパーティを成功させるなど話題を呼んだralphが、ニューシングル“Cold Game”をリリースした。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。