AWA × FNMNL コラボレーションプレイリスト Vol.1 | 『Young Gunz 2018 Summer』

日本生まれの音楽プラットフォーム『AWA』。5000万曲以上の音楽が聴き放題で、その時の気分や好みでプレイリストを選べるのも特徴だ。

VaVaやkZmなど様々な日本人アーティストがオリジナルのプレイリストを公開しているのも他の音楽サービスにはない特色で、現在1700万ダウンロードを突破している。そんなAWAとFNMNLがコラボしたプレイリストが本日からスタート。

このプレイリストは毎月決められたテーマに基づいて、FNMNL編集部が20~30曲をピックアップ。第一弾である今月のテーマは『Young Gunz 2018 Summer』。
今後シーンを担っていくであろう国外の若手・新鋭ラッパーに焦点をあて、プレイリストには、弱冠15歳のラッパーLil Moseyや最近フィーチャリングで見ない日はないGunna、そしてKendrick Lamarを生み出したコンプトン期待の若手Buddyなど、普段記事では紹介しきれない今年注目のラッパー達の楽曲を収録。

これからの彼らの更なる活躍に期待を込めて、編集部が厳選した25曲となっている。猛暑が続く今年の夏にぴったりのバンガーから、チルな楽曲まで幅広いジャンルの曲が収録されているので、是非ドライブの際に聞いてほしい。

RELATED

Dos MonosがAWAでプレイリスト『ドスシティの住人』を公開

3月にデビューアルバム『Dos City』をリリースしたばかりの荘子it(ラッパー/トラックメーカー)、TAITAN MAN(ラッパー)、没(ラッパー/DJ)の3人からなるヒップホップユニットDos Monosが、AWAでプレイリスト『ドスシティの住人』を公開した。

AWA × FNMNL コラボレーションプレイリスト Vol.8|『UK's Finest for Freshers』

昨年よりスタートした、日本生まれの音楽プラットフォームAWAとFNMNLのオフィシャルコラボプレイリスト。

新プロジェクトBOTTをスタートさせたグラフィックデザイナーのTEITOがAWAでプレイリストを公開

グラフィックデザイナーのTEITO(テイト)がAWAでプレイリスト『AT MIDNIGHT』を公開した。このプレイリストはTEITOが実際に選曲をし、ジャケットは今回のためにデザインしたもの。 1993年生まれのTEITOは文化服装学院に入学後、グラフィックデザインを始め、2016年にブランド...

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。