SZAがマリファナ入りのブラウニーを食べてバイト先をクビになった過去を明かす

アルバム『ctrl』がグラミー賞にノミネートされ、楽曲が23億回以上のストリーミング数を記録するなど、アメリカの音楽シーンを代表するスターの一人となったSZA。シンガーになる以前はキャリアウーマンになるのが夢だったとも語っていた彼女が、同じくシンガーになる以前のアルバイトのエピソードを明かしている。

True Religion、Sephora、H&Mなどのアパレルで働いていたというSZAは、Dieselでアルバイトをしていた際に誤って大麻入りのブラウニーを食べたことが原因でクビにされたという。

彼女が語るところによると、職場に到着した際に同僚がブラウニーの入った容器を持っているのを発見し、その場にいたみんなでそのブラウニーを一つずつ食べ始めたのだそうだ。お腹が空いていたというSZAは、「やった、フリーの朝ごはんだ」と思って二つも平らげてしまったらしい。

30分が経つとSZAの体に異変が生じ、汗と吐き気を感じるようになったそう。

さらに10分が経ち、病院に行きたいという旨を上司に伝えたところ、SZAの様子が「覚せい剤を食べたみたいだった」せいか、なんとそのままクビにされてしまったという。

Dieselをクビになった後はメキシコ料理店で働いていたそうだが、そんな彼女が今やこれほどのスターになっているとは当時の同僚も予想し得なかっただろう。

SZAらしいチャーミングな部分を感じさせるエピソードであった。

related

SZAが「もう二度とインタビューや写真撮影の仕事は受けない」と発言

TDEを代表するシンガーSZA。そんな彼女が今回、インタビューや写真撮影の依頼についての発表を行い話題を呼んでいる。

Rihannaが自身のブランドFenty Beautyの万引きを疑われたSZAにギフトカードをプレゼント

先日トップシンガーのSZAが、化粧品や香水の専門店セフォラで買い物をしていたところ、ショップスタッフがセキュリティーを呼び彼女が万引きをしていないかどうか確認するという一件があった。

SZAがSixpence None The Richerのクラシック“Kiss Me”をカバー

映画『ブラックパンサー』のサウンドトラックに収録された“All The Stars”でKendirick Lamarと共にグラミー年間最優秀楽曲賞にノミネートされたSZA。そんな彼女が、90年代にアメリカで人気を集めたバンドSixpence None The Richerのヒット曲“Kiss Me”をカバーし話題となっている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。