故Jimmy Wopoがライバルギャングへの攻撃を指示したとして起訴状に載る

約2ヶ月前に銃撃を受け、21歳の若さで亡くなったJimmy Wopo。

そんな中、彼が所属していた、地元ピッツバーグのギャングThe 11 Hunnit Gangが起こした事件の起訴状に彼の名前が載っていたようだ。

その起訴状はThe 11 Hunnit Gangのメンバーがライバルギャングのメンバーを殺害した事件に関するもので、Wopoは何かの容疑に問われているわけではないものの、ライバルギャングへの暴力を指示したとして名前が書かれたようだ。

Wopoの弁護士であるOwen Semanはこう語っている。
“JimmyがThe 11 Hunnit Gangと繋がっていたのは周知の事実だ。だが彼が指示をしたというのは最近ではないだろう。”とWopoを擁護した。

どうやらWopoはThe 11 Hunnit Gang内では上の立場だったと見られており、起訴状にも、
「地域で人気のラッパーだという悪名により、T.S.はグループ内で多大な影響力を持っていた」と書かれている。T.S.というのはWopoの本名であるTravon Smartのイニシャルだ。
この文以外にも起訴状にはT.S.の文字が何度も登場する。

弁護士のSemanはWopoがライバルギャングへの攻撃を指示したと起訴状に書かれていたことが彼の死を早めたのだろうとも主張している。
「私は人々がこれが最近起こったことだという印象を受けているように感じる。彼は本当に外に出ようとしていたんだよ」とWopoがピッツバーグから出ようとしていたことを明かした。

実際、彼は生前、Wiz KhalifaのTaylor Gangと契約を結ぶ準備をしていたらしくSemanもピッツバーグを出ることをすすめていたらしい。

もし、Wopoがピッツバーグを出ていたら、彼が死ぬことはなかったのだろうか。

related

Jimmy Wopoの死を祝うコメントを行ったピッツバーグの警官が処分される

先日、銃撃を受け、亡くなってしまったピッツバーグのラッパーJimmy Wopo。彼のマネージャーなど多くの人が彼の死を悲しむ中、地元ピッツバーグの警官のひとりがJimmy Wopoの死を祝っているとFacebookで述べて問題になっている。

注目ラッパーJimmy Wopoが地元ピッツバーグで銃撃を受け死去

ピッツバーグを拠点とするラッパーで、2016年にリリースされたミックステープ『Trapnese』や、昨年リリースした『Jordan Kobe』などで注目されていたJimmy Wopoが、地元ピッツバーグで銃撃され死亡が確認された。21歳だった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。