Corneliusが香港のフェス『Clockenflap 2018』に出演 | 台湾でもワンマンライブを開催

9月に新作『Ripple Waves』をリリースするCorneliusが、11/9(金)~11/11(日)まで開催される香港のフェス『Clockenflap 2018』に出演する。

『Clockenflap』は、2008年にスタートした香港の野外フェスティバルで、高層ビルが立ち並ぶエリアの中心で開催される都市型フェス。Corneliusの出演は11/11(日)の予定だ。

11/9(金)には台湾でのワンマンライブがLegacy Taipeiで行われることも決定し、詳細が発表、台湾、香港ともに、Corneliusにとっては初のライブとなっている。

Info

■Mellow Waves Tour 2018 – Taipei
日程:2018年11月9日(金)
会場:Legacy 台北
OPEN:19:00 START:20:00
TICKET:NT$ 2,000(前売)NT$ 2,200(当日)
INFO:你好我好有限公司【http://www.btpbtp.com/Cornelius.html
*日本からはメールでの予約が可能。

Clockenflap2018

■Clockenflap 2018
日程:2018年11月9日(金)〜11月11日(日)(※Corneliusは11日に出演)
場所:Central Harbourfront Hong Kong
オフィシャルHP:http://www.clockenflap.com/
チケットインフォメーション:https://www.ticketflap.com/clockenflap2018

RELATED

【特集】Cornelius『Mellow Waves Visuals』| 映像と演奏のシンクロによってライブを完成させる

「活動の完成形となるのはライブパフォーマンス」だという、Corneliusこと小山田圭吾。まずは楽曲を制作し、すべての楽曲を映像化。MVをライブのステージ上に投影し、演奏とシンクロさせることで、彼ならではの世界観が浮かび上がる。30年近いキャリアとともに作風が徐々に抽象化され、ゆるやかに音が積み上がっていくかのような楽曲たちは、国内外のファンを魅了させ続ける。

別冊ele-kingとして発売された書籍『コーネリアスのすべて』の続編が登場|ロング・インタヴューや秘蔵写真、コレクターズアイテム、細野晴臣や砂原良徳との対談などを収録

2017年に別冊ele-kingとして発売された書籍『コーネリアスのすべて』の続編が新たに登場した。

Corneliusが明日リリースする作品群から"POINT SPOT"と"Audio Architecture (Live Version)"がYouTubeで公開

Corneliusの映像作品『Mellow Waves Visuals』とリマスターCD『The First Question Award』、『Point』が、明日リリースされるのを前に"POINT SPOT"と、"Audio Architecture (Live Version)"がYouTubeで公開となった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。