Drakeが大ヒット曲”In My Feelings”のニューオーリンズにオマージュを捧げたミュージックビデオを公開

Drakeの最新作『Scorpion』に収録され、一週間のストリーミング回数記録を更新した大ヒット曲”In My Feelings”のMVが公開された。

“In My Feelings”は同曲に合わせて様々な場所でダンスをする「”In My Feelings”チャレンジ」が流行したことによってヒットした。”In My Feelings”チャレンジはその余りの流行ぶりに危機感を覚えた国家運輸安全委員会から警告を受けたり、危険なダンスを行なった三人がアブダビで逮捕された他、チャレンジによって実際に事故が発生する様子が投稿されるなど、かなりの騒動を巻き起こしている。

楽曲自体はDrakeの初恋の相手KiKiへの愛を歌い上げるロマンチックなもので、Drakeも当初はこの曲がこのような形で流行するとは思ってもみなかっただろう。

MVは「KiKi」の家を訪れたDrakeが彼女をデートに誘うシーンから始まり、彼女の母親に帰るよう言われ立ち去った後にニューオーリンズ(”In My Feelings”チャレンジの流行が始まった土地)の白昼夢を見るという内容になっている。ニューオーリンズ出身のラッパーCapitoやBig Freediaらがカメオ出演しており、もちろん”In My Feelings”チャレンジのおなじみのダンスや、ニューオーリンズバウンス特有のトワークも披露されている。

一週間前には“In My Feelings”と同じく『Scorpion』に収録された”Nonstop”のMVも公開されており、こちらも要チェックだ。

RELATED

Drakeがトロントラプターズの選手契約のミーティングに参加する可能性

先月のNBAファイナル2019で初の優勝を成し遂げたトロントラプターズ。その勝利に「Drakeの呪い」で大きく貢献したとの噂もあり、また同チームのグローバルアンバサダーも務めるDrakeが、なんと選手の契約を決める重要なミーティングに参加する可能性があるようだ。 Complexが報じるところに...

ウォリアーズがNBAファイナル第3戦の試合前にPusha TのDrakeディス曲をプレイしておちょくる

過熱するNBAファイナルと同時に、ラプターズを応援するDrakeとウォリアーズのコート外でのバトルも盛り上がりをみせている。

NBAファイナルの影響でDrakeの楽曲がベイエリアのラジオ局で放送禁止に

今年のNBAファイナルはゴールデンステート・ウォリアーズとトロント・ラプターズの顔合わせとなっている。両者1勝ずつで本日第3戦が行われているが、ラプターズを後押しするDrakeのおかげでヒップホップファンも興味津々となっているようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。