BIMのソロアルバム『The Beam』がリリース | PUNPEEが客演で参加しOMSB、VaVa、JJJなどがビートを提供

THE OTOGIBANASHI'SやCreativeDrugStoreのメンバーとして活躍しているBIMが、ソロデビューアルバム『The Beam』を本日リリースした。

これまでのグループでの活動よりも、パーソナルな心境を歌ったアルバムには、PUNPEEが唯一客演で参加。ビートは本人が手がけたものとOMSB、VaVa、JJJなどの国内勢に加えRASCALやAstronote、Lanreといった海外のビートメイカーも楽曲を提供している。

同作からはこれまでに、昨年末にリリースされたミュージックビデオが大きな話題となった"Bonita"とJJJがプロデュースした"Tissue"のミュージックビデオが公開されている。

『The Beam』はこちらのリンクから購入・ストリーミング再生が可能だ。

Info

image

image-2

Artist : BIM
Title : "The Beam"
Release Date : 2018/07/25
Label : SUMMIT, Inc.
No. : SMMT-111 / XQMV-1012
Price : ¥2,500 + tax

•Tracklist
1. Power On(Produced by BIM)
2. Bonita(Produced by VaVa)
3. BUDDY feat. PUNPEE(Produced by Rascal)
4. サンビーム(Produced by Astronote)
5. Orange Sharbet(Produced by BIM & VaVa)
6. Tissue(Produced by JJJ)
7. Beverly Hills(Produced by OMSB)
8. Starlight Travel(Produced by Rascal)
9. D.U.D.E.(Produced by Astronote)
10. TV Fuzz(Produced by BIM)
11. Red Apple(Produced by BIM)
12. Bath Roman(Produced by BIM)
13. BLUE CITY(Produced by BIM)
14. Magical Resort(Produced by BIM)
15. Power Off(Produced by VaVa)
16. Link UP(Bonus Track) (Produced by Lanre)

https://www.summit2011.net/bim-the-beam/

related

Spotifyが日本のヒップホップにフォーカスした新たなプレイリスト『+81 Connect』を公開 | Awich、BIM、Daichi Yamamoto、KM、Leon Fanourakis、LEXなどをアンバサダーに起用

Spotifyが5年間にわたり日本のヒップホップシーンの今を切り取ってきたプレイリスト『New Era: J-Hip-Hop』をリブランディングした新しいプレイリスト『+81 Connect』を公開した。

【イベントレポート】FORUM SESSIONS supported by SPACE SHOWER TV|CreativeDrugStore、なきごと、KUZIRA、アサノソラ

adidas OriginalsがスニーカーFORUMキャンペーンの新プログラムとして、音楽ライブ配信企画『FORUM SESSIONS supported by SPACE SHOWER TV』を8月12日(木)、15日(日)に開催した。

PUNPEE、VaVa、OMSBによる新曲"Wheels feat. 吉田沙良"のミュージックビデオがプレミア公開

先週開催されたFUJI ROCK FESTIVAL'21でも初披露されたPUNPEE、VaVa、OMSBがモノンクルの吉田沙良をゲストボーカルに迎えた新曲"Wheels"が、明日8/25(水)にリリースされる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。