夏の猿島をジャックするパーティーシリーズ『Tropical Disco』が第2弾でPrins Thomasなどをアナウンス

横須賀にある東京湾最大の自然島であり無人島・猿島を舞台に、今夏10日にわたりパーティーを開催する『Tropical Disco』。SoulectionやJose Padillaなどがラインナップされた第1弾に続き第2弾アーティストが発表となった。

今回は7/28(土)のDAY4から、8/11(土)のDAY6までのラインナップをアナウンス。DAY4は、「All About Chill」と銘打って、☆Taku Takahashi(m-flo, block.fm) とDAISHI DANCEがチルアウトセットを披露、8/4(土)のDAY5はよこすか開国花火大会とコラボしTropical Disco Band、Shin IshizukaなどのTropical Discoの常連アーティストが出演する。

Rainbow Disco ClubとコラボするDAY 6は北欧ディスコシーンのトップDJ、Prins Thomasが登場。今年のRainbow Disco Clubにも出演したKikiorixとSisiと共に幅広いディスコ観を掲示してくれるはずだ。

各パーティーのチケットは限定400枚、残り4回の豪華なラインナップも発表を控えている。

Info

tpcl-bch-pl4-2_light

Tropical Disco in SARUSHIMA -10 Summer Days-

【会場】横須賀市 猿島
【日程】7月28日, 8月4日, 11日(別途日程のラインナップは後日発表) 【時間】15:30 BGM / 16:00 開演 / 21:00 終演

※隔日チケットは400枚限定

7/28
All About Chill

☆Taku Takahashi (m-flo, block.fm / Exclusive Chill Out Set)

DAISHI DANCE (Exclusive Chill Out Set)

YonYon

8/4

feat. よこすか開国祭 開国花火大会2018

Tropical Disco Band

Shin Ishizuka

and more

8/11
feat. Rainbow Disco Club

Prins Thomas
Sisi
Kikiorix

【料金】

前売チケット: Tropical Disco ¥2,000(税込)
/ 当日現金にて「猿島航路乗船料¥1,600+入園料¥200」が別途必要。年齢による料金設定あ り。
/ PREMIUM TICKETS、その他詳細はhttp://tropicaldisco.jp/sarushima/ をご確認ください。

【プレイガイド】

Tropical Disco in SARUSHIMA -10 Summer Days-

【Venue】Yokosuka-shi Sarushima
【Date】July 14th, 15th, 21st (The Line up for the other dates will be announced soon)
【Time】15:30 BGM / 16:00 Start / 21:00 Close

 

RELATED

『EDC JAPAN 2019』でVERDYがプロデュースする移動式ステージが登場 | 国内外のゲストの飛び入りも?!

5/11(土)と5/12(日)に千葉・幕張で開催されるダンスミュージックフェスティバル『EDC JAPAN 2019』。Major LazerやSkrillexなどを中心にしつつ今年はFutureやAwich、kZmからPeggy Gou、Marcel Dettmannなど多彩なアーティストが出演するビッグフェスと、「Girls Don‘t Cry」や「WASTED YOUTH」などのプロジェクトで世界的に注目を集めるVERDYとのコラボレーションが決定した。

「NINJA PROJECT」から、極東最端のパフォーマンス集団「B.W.T.」と「D.B.D.」の2組がLeon Fanourakis & Awich、NOTHING TO DECLAREのMasを迎え始動

昨年、日本忍者協議会とエイベックスによる「NINJA PROJECT」が発表された。東京・味の素スタジアムで行われた『a-nation 2018』には、全身を赤もしくは黒で覆った謎の集団が登場し、重力を無視した回転技を次々に披露、オーディエンスを沸かせた。

【レビュー】星野源が『POP VIRUS』で示した「“日本流”のアーバンミュージック」

星野源の最新作『POP VIRUS』にはMPCプレイヤーとしてSTUTSが参加していることなどから、ビートに対するアプローチが特に注目されているけど、個人的にはなぜか1stアルバム『ばかのうた』を思い出してしまった。 音的には全然違うのになんでだろうな、と考えながらアルバムのブックレットに収載...

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。