PUMAとPANINIによるSuede 50周年モデルが登場

Suede 50周年を記念したプロジェクトを続けているPUMAが、スポーツ関連グッズの世界的なリーダーであるPANINIとのスポーツへの情熱とコレクター魂を祝福するスペシャルモデルを公開した。

この両者によるコラボレーションは、ステッカーとスニーカーのコレクターをスポーツとストリートカルチャーに共通する「収集」というキーワードで繋げたものに。

コレクターアイテムとなっているステッカーやアルバムで知られているイタリアで創設されたPANINIは、国際的なスポーツ大会を記念する限定バージョンからアニメキャラクターまでを50年以上に渡ってファンをステッカーの虜にしてきた。

Suede Classic x PANINI はコレクター魂を満足させるため細部にこだわっており、その特徴は典型的なコレクションステッカーを連想させる。ホワイトのアッパーにはパニーニのロゴがカードの表面のごとくエンボス加工で表現され、ソールの裏面にはコレクターの信条である「GOT、GOT、NEED、GOT」が左右に「GOT,GOT」と「NEED,GOT」に分かれてプリントされている。左足のシュータンにはスウェード50 周年記念ロゴが、右足のシュータンにはパニーニロゴとプーマロゴのラベルが付き、それぞれのラベルはコレクターがトレードをするかのように取り外し可能だ。

18SS_SP_Select_Suede-50_Panini_b_RGB

18SS_SP_Select_Suede-50_Panini_f_RGB

18SS_SP_Select_Suede-50_Panini_c_RGB

特別にデザインされたスウェード50 周年記念ホログラムボックスに梱包されたSuede Classic x PANIN は、7/7(土)にプーマ オンラインストア(jp.puma.com)、プーマ ストア、プーマ取り扱いの限定店舗で発売する。

RELATED

􏰉􏰊Reebokの90年代の貴重なアーカイブが展示される『Reebok 90s House』が期間限定オープン | WILYWNKAのライヴや上岡拓也によるライヴペインティングも

Reebokが1990年代に同社が開発し、スポーツシーンに多大な影響を与えた画期的テクノロジーや、前衛的デザインでファッション業界で注目を集めたモデルを一堂に会した、期間限定ミュージアム『Reebok 90s House』を4/5(金)から原宿B-SIDEで開催する。

mindseekerとVANSのコラボスニーカー第三弾が登場 | 今度はファイヤーパターンを基調に

毎回大きな話題を集めているmindseekerとVANSのコラボスニーカーの第三弾が発売されることになった。

正月にVANSとBILLY'Sのコラボレーションモデルが発売

今年の元旦にもリリースされ、即日完売となったVANSとBILLY'Sコラボレーションモデルが、新年に帰ってくる。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。