LOYALTY FLOWERSとPARADOX TOKYOによるコラボラインFlower TripのPOP UPが開催

ストリートフラワーアーティスのコウイチハシグチがディレクションを務めるLOYALTY FLOWERSとストリートブランドPARADOX TOKYOによるコラボラインFlower Tripが、6/29よりラフォーレ原宿内のH>FRACTALでPOP UPを開催中だ。

「HIBISCUS HOTLINE」と名付けられた今回のコラボは、様々な音楽イベントでも装飾をするLOYALTY FLOWERSらしく、マイアミディスコがテーマとなっていて、ビジュアル・ムービー共に極彩色のディスコを思わせるものとなっている。

IMG_2501 IMG_2510 2 IMG_2502 2

モデルにはMARZY(prpr./YENTOWN),SHANITA(TWS),MIHARUを抜擢、Tokyo Vitaminのkenchan tokyoが映像ディレクターを務めている。

POP UPの会場ではフラワーアートも同時展示予定だ。

Info

LOYALTY FLOWERS presents

Flower Trip 2nd collection ”HIBISCUS HOTLINE”
6/29(土) よりラフォーレ原宿 内 H>FRACTALでPOP UPを開催

related

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。