新鋭ラッパーLil Babyのドキュメンタリーの1シーンをきっかけにスイカに塩をかけることについての議論が勃発

惜しくも今年のXXL Freshman入りを逃してしまったアトランタの新鋭ラッパーLil BabyのドキュメンタリーをSource MagazineがYouTubeで公開している。

このドキュメンタリーでは、NYを訪れたLil BabyがBalmainやGucciでショッピングをしたりインタビューに答えるシーンなどが収録されており、まあごく一般的なラッパーに密着したドキュメンタリーとなっている。しかしこのドキュメンタリーの3分14秒にスーパーで買ったスイカにLil Babyが塩を振りかけて食べるシーンがあり、このシーンを巡って議論が勃発しているのだ。

スクリーンショット 2018-06-14 15.38.45

インタビューアーはその習慣を知らなかったようで、Lil Babyは「見たことがないのか」と尋ね「南部の習慣だよ、多分な」と続けている。

この一連の問答を観たユーザーがYouTubeでも様々な持論を展開しており、「食べたことがない」という意見や、「フロリダで食べたけど、最悪だった」という意見、「タイではスイカにもパイナップルにも塩をかけるのが普通」というコメントが飛び交っている。

スクリーンショット 2018-06-14 15.41.16

さらにTwitterでも以下のポストをきっかけに議論がスタート。

投稿者は南部にはそんな習慣はないと主張しているが、「塩はスイカの甘さを強調する」という意見や、Salt BaeのGifをはるもの、真剣に南部のどの地域でその習慣があるかを追求しようとする者など、実に1000件以上のリプライが殺到している。

日本ではスイカに塩は一般的なように筆者は感じるが、これも地域ごとに違うのだろうか。

RELATED

スイスの研究者が「ヒップホップを聴かせながら熟成させたチーズは美味しくなる」と発表

「音楽を流しながら育てた野菜や家畜は美味しくなる」といった話を耳にしたことはあるだろうか?日本では「モーツァルトを流しながら育てた野菜が美味しくなる」というものが有名だが、今回、スイスで「ヒップホップを流しながら熟成させたチーズが美味しくなる」という発表がなされた。

大雪で行方不明になっていた男性が5日間に渡りTaco Bellの激辛ソースを飲んで生き延びていた事が明らかに

アメリカ・オレゴン州の警察当局が3/2、大雪で遭難した男性が車の中でTaco Bellの激辛ソースを飲んで5日間生き延びていた事を発表した。

Lil Babyが「ラッパーはやったことがないドラッグや犯罪について歌うべきではない」と発言

過激な曲を作るラッパーの中には、リリックで歌われている通りの犯罪行為やドラッグにまみれた私生活を送っている者も多い。リアルであることが重視されがちなヒップホップという音楽だが、Lil Babyはそこに対して独自の考え方を持っているようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。